粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

名古屋競馬「東海クイーンカップ」予想

土曜日の競馬の結果

中央中山「中山グランドジャンプ」…カスP 三連複1,470円的中(10点)

逆神の権兵衛 三連複1,470円的中(4点)

1着 6番オジュウチョウサン(1番人気)カス◎ 権〇

2着 11番メイショウダッサイ(3番人気)カス▲ 権×

3着 5番ブライトクォーツ(4番人気)カス△ 権×

 

f:id:KAS_P:20200420232700j:plain

(写真提供・ロボだっち氏)

 

日曜日の競馬の結果

中央中山「皐月賞」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

1着 1番コントレイル(1番人気)カス▲ 

2着 7番サリオス(3番人気)カス△ 権▲

3着 16番ガリアクローク(8番人気)カス×

 

f:id:KAS_P:20200420233101p:plain

カス:しょうがねぇ…

たまには潔くやよいさんの説教部屋へ

自首するとしようか。

権兵衛:そういや先週の桜花賞のとき、

何の説教もなかったような…ん?

f:id:KAS_P:20200420233257j:plain

中山グランドジャンプでは昨年の中山大障害覇者で2番人気だったシングンマイケルが落馬競走中止、死亡。死因は心臓麻痺とも。オジュウチョウサン不在の中山大障害を制したときは高市圭二調教師の管理で、高市師にとっては初のGⅠ制覇となったのですが、結果それが最後のGⅠ制覇にもなってしまい、翌2月17日、病気で死去。大江原哲師の管理となっていましたが、高市師の死後僅か2か月のことでした。

 

名古屋競馬「東海クイーンカップ」の予想を。「グランダムジャパン」3歳シーズン対象レース。1800メートル。第11R。16:25発走。

これといった馬のいない微妙なメンバー構成。その中でも光るのが、「梅桜賞」、「スプリングS」で今年のクラシック最有力候補・ニュータウンガールとそれほど遜色ない戦いぶりを見せた(4着、2着)ジェネラルエリア。鞍上は加藤聡一。同じ東海の若手で今回カナグランプリ騎乗の渡邊が現在手のつけられない状態だけに、加藤もここで存在感を示しておきたいところ。

 

◎5枠5番 ジェネラルエリア(加藤聡)

○5枠6番 キクノウイング(兵庫・岡部)

▲7枠8番 クロワ(丸山)

△7枠9番 ポピュラーソング(船橋・佐藤)

△8枠11番 ビックバレリーナ(大畑)

×2枠2番 カナグランプリ(渡邊)

 

1800メートルという距離にも実績あるジェネラルエリアはここで負けたら立つ瀬がない。

対抗は押される形で兵庫のキクノウイングか。道中はジェネラルエリアより前にいるはずなので、番手抜け出しでジェネラルエリアの追撃をかわせたなら。

クロワは未知数ですが、重賞でも、相手が揃ったというほどのメンバー構成ではないし、勢いで上位に食い込めるか。1800メートルという距離をこなせたなら。

ポピュラーソング、ビックバレリーナはアテにしづらいところもありますが、この相手なら上位入線できないと。前者は浦和「ユングフラウ賞」で3着だったのだから素質は秘めている。後者は昨年暮れから年始にかけてはニュータウンガールに肉薄していた。今は完全に突き放された格好ですが、メンバーが緩いとはいえ笠松「新緑賞」で3着に入線できたのだから、ここでもいけるはず。

穴馬候補はカナグランプリ。不振にはフケの影響があるらしいですが、見方を替えればフケさえ治まっていれば大駆けもあり得る。

 

買い目は三連単5、6→5、6→2、8、9、11で8点。

日曜中山メイン「皐月賞」(3歳GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20200419031420p:plain

f:id:KAS_P:20200419031436j:plain

皐月賞の予想を。

そういえば専門紙で、サトノフラッグの前走が「デプ記」と表記されていました。何これ?デブ記念?……そうか、「ディープインパクト記念弥生賞」か。個人的には「弥生賞」の呼称に慣れているのでピンとこない。ただ、近年弥生賞組が不振。名前が変わったことで、かつての皐月賞トライアルとしての威厳を取り戻せるか?別の視点から見れば、今はどのレースをステップにしても突っ込んで来る可能性はある。昨年のサートゥルナーリアのように、2歳GⅠからの直行でも勝つ。というわけで今年はコントレイル、サリオスがそれぞれホープフルS朝日杯FSから直行。これをどう評価するかも鍵。

 

<カスPの予想。単勝人気とオッズは前日のもの>

◎3枠5番 サトノフラッグ(ルメール/3番人気 4.1倍)

〇7枠13番 ダーリントンホール(デムーロ/6番人気 14.2倍)

▲1枠1番 コントレイル(福永/1番人気 3.1倍)

△4枠7番 サリオス(レーン/2番人気 3.9倍)

△1枠2番 レクセランス(北村友/8番人気 37.5倍)

×8枠16番 ガロアクリーク(ヒューイットソン/8番人気 37.5倍)

 

本命は、ディープインパクト記念弥生賞を勝ったディープインパクト産駒サトノフラッグ。決め手はその弥生賞が重馬場だったこと。デビュー戦も重馬場でこのときは6着に敗れましたが、重馬場を何度か経験しているのはプラスのはず。鞍上も今一番信頼できるルメール。今は育成牧場で乗り込んでいるので、コントレイル、サリオスが休み明けなのは問題視する必要はないですが、それでも少し前にレースを経験している分、土壇場になって変にテンションが上がる可能性は2頭より低いのでは?とも思います。

対抗ダーリントンホール。父はニューアプローチという英語の参考書のような名前ですが、欧州のパワー型種牡馬。馬場が渋っているだろう今回、力を発揮してくれるのでは?2走前の葉牡丹賞(2歳1勝)は3着だったものの、時計はホープフルSを勝ったコントレイル以上。

レクセランスはデビューから負けなし3連勝。いずれも好位から僅差で粘り強く勝っている。

穴馬はガロアクリーク。ホープフルSは11着と大負けしましたが、スプリングSを鮮やかに勝った。スプリングSは10頭立てで、ホープフルS2着のヴェルトライゼンデ以外は特別ハイレベルだったわけでなく、相手は強化されますが、上昇度と調子の良さ、そしてヒューイットソンの手綱捌きに期待。

 

買い目は5を軸に三連複1、2、7、13、16に流して10点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

さて、馬場状態は…とメンバー比較の前に天気が気になるところ。有力馬で重馬場経ない馬もいて、そのあたりの取捨に難渋しそう。

◎3枠5番 サトノフラッグ
前走弥生賞で重でもやれること示す。元々評判高い馬で上位争い必至とみる。
〇8枠17番 ヴェルトライゼンデ(池添/5番人気 12.4倍)
4戦して3着以下なしの堅実さに加え新馬勝ちが重馬場と、馬場不安少ない点を買う。
▲4枠7番 サリオス
無傷の3連勝でGⅠ勝ちと実力あるが、距離と馬場どうか?兎に角レーン騎手頼み。
△7枠13番 ダーリントンホール
2走前良の葉牡丹賞敗退も前走稍重共同通信杯で雪辱。渋ったほうがいいのかも。
×7枠15番 ラインペック(岩田康/14番人気 120.1倍)
昨夏重の中京2歳S勝ちと重適正あり。近走イマイチも重馬場ならあるいは。

馬券は、 
5、7、13、15、17
の3連複ボックス(計10点)で参ります。とりあえず、あとは馬券が当たることを祈るだけ。(←困ったときだけ神頼みしてもねえ)

 

<モリアテ教授の予想>

外出自粛ですが、用事がありまして…
551があるとき~!
って、関西人にしかわからないのかなぁ?

皐月賞
調教絶好 13
調教不調 9・10
◎1枠1番 コントレイル

勝負馬券
【1・2・5・7・12・13】3連複BOX

f:id:KAS_P:20200419041316j:plain

土曜中山メイン「中山グランドジャンプ」(障害GⅠ)予想

まあ、一度記しては、表現が不適当な気がして消去…といったことを繰り返しているのですが、

f:id:KAS_P:20191215045621p:plain

言いたいことも言えない

こんな世の中じゃ ポイズン

とはいえこんな世の中だからこそ、テレビのコメンテーターよろしく感情的に言いたい放題にはならず、冷静に事態を見極めたい。まあ幸か不幸か、「ロストジェネレーション」の強み?不遇な環境には慣れきっているので、それほど不安に駆られているわけでもありません。明日は明日の風が吹く

 

中山グランドジャンプの予想を。明日(土曜日)、関東は大雨の予想。思い出すのはフミノムーンが斃れた障害未勝利戦。極端な悪馬場が原因で同馬以外にも飛越に失敗した馬がいた。大竹柵障害を全馬飛越しても拍手があがらない無観客競馬なのを幸い…というわけではないが、あまりに天候がひどいようであれば中止延期も考えて欲しいところ。

 

<カスPの予想>

◎6枠6番 オジュウチョウサン(石神)

〇1枠1番 シングンマイケル(金子)

▲8枠11番 メイショウダッサイ(森一)

△5枠5番 ブライトクォーツ(西谷)

△7枠8番 メドウラーク(北沢)

×3枠3番 コスモロブロイ(草野)

 

やはりオジュウチョウサンを本命にせざるを得ない。勿論障害レースは何があるかわからないし、この馬が凡走すればそれだけで高配ですが、一攫千金に目を晦ませるよりは、王者の貫禄勝ちを期待したい。相手は同馬不在だった昨年の中山大障害覇者だったシングンマイケルを中心に、中山大障害コースで実績ある馬を。穴っぽいところでこのレースの前哨戦であるペガサスJS(障害OP)2着、平地障害両方で重賞勝ちのあるメドウラークに、昨年のイルミネーションJ(障害OP)を勝っているコスモロブロイ。ペガサスJSは人気を裏切りましたがここは見直したい。

 

買い目は6を軸に三連複1、3、5、8、11に流して10点。

 

 <逆神の権兵衛の予想>

あのオジュウチョウサンがJGⅠに再参戦!となると昨年の強さの再現を期待したいところだが、逆に馬券の買い方としては絞って買う必要があって逆に難しい。

◎6枠6番 オジュウチョウサン

昨春中山GJでシングンマイケルを完封。重馬場で障害重賞勝ちあり馬場渋化も問題なし。
〇1枠1番 シングンマイケル
昨年の中山大障害勝ち等実績は◎に次ぐ。逆転はどうかも馬券圏内は当然見込める。
×5枠5番 ブライトクォーツ
前走阪神SJ見ると上位2頭と差を感じるが、大障害で連対実績あり3着候補なら。
×8枠11番 メイショウダッサイ
前哨戦快勝の勢いと大障害含め堅実に走る点は評価。ただ昨秋〇に2戦2敗で逆転は?


馬券は
1、5、6、11の3連複ボックス計4点で参りたいと思いますが、最低オッズ1.1倍付くなら複勝6番の一点張りというのもありだと思います。

日曜阪神メイン「桜花賞」(3歳牝馬GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20200412011959p:plain

桜花賞の予想を。

<カスPの予想。単勝人気とオッズは前日のもの>

◎3枠5番 マルターズディオサ(田辺/5番人気 9.9倍)

〇6枠11番 クラヴァシュドール(デムーロ/6番人気 12.2倍)

▲8枠17番 レシステンシア(武豊/2番人気 3.8倍)

△5枠9番 デアリングタクト(松山/1番人気 3.5倍)

△7枠13番 マジックキャッスル(浜中/8番人気 18.7倍)

△7枠14番 ミヤマザクラ(福永/7番人気 13.7倍)

 

阪神JFチューリップ賞上位組を中心に。つまり阪神芝1600メートルに実績のある馬たちで。阪神JFで逃げて圧巻の勝利だったレシステンシアは外枠。今回は内枠のスマイルカナが逃げ宣言をしているだけに、乗り替わった武豊がどう乗るか。というわけで中団からの捲りもしくは好位差しができ、勝負根性もあるマルターズディオサを本命に。対抗に阪神JF3着、チューリップ賞2着のクラヴァシュドール。本命との差は殆どない。レシステンシアを単穴に。

デアリングタクトは初めての重賞がこの大舞台。まだキャリア2戦だけに何ともいえない。個人的には半信半疑—特に前走派手に勝ち過ぎているところ—で、実績の割に人気し過ぎているので切るのもありかと思いますが、こういう未知の魅力溢れた馬はレースを盛り上げてくれる。

マジックキャッスルはマルターズディオサ、レシステンシアと好勝負を演じている。シルバーコレクターで地味な存在ですが侮れない。そのマジックキャッスルをクイーンCで破ったのはミヤマザクラ。ともに阪神コースは初めてだけに、適性が鍵。

 

買い目は5を軸三連複9、11、13、14、17に流して10点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

2歳G1阪神JFの上位勢が揃って出走。これに割って入る新興勢力が居るかが鍵か?遅れてきた大物的な存在も複数いて取捨選択が悩ましいところ。

◎8枠17番 レシステンシア
〇3枠5番 マルターズディオサ
▲6枠11番 クラヴァシュドール
阪神JF上位3頭がチューリップ賞でも上位独占。各馬の能力比較は兎も角他の馬に比べて比較上位なのは確か。
×7枠14番 ミヤマザクラ
2000mの京都2歳Sで好走できるスタミナは買える。別路線組の未知の魅力あり。
×2枠4番 サンクチュエール(ルメール/3番人気 6.9倍)
牡馬相手のシンザン記念勝ちの実績は加点材料。能力未知数も先物買いで狙う。

馬券は、 
4、5、11、14、17
の3連複ボックス(計10点)で参ります。他に買いたい馬も多いですが、トリガミはいかがなものかということで敢えて絞っていきます。後は竹林の七賢よろしく酒飲みながら的中待つだけ。(←関係なく夜な夜な飲んでるくせに)

 

f:id:KAS_P:20191013024951p:plain

<夜遊びできないモリアテ教授の予想>

しかし、コロナ感染者が増えていくだけですね。
早く競馬場で観戦したいですね。

調教超絶好 17
調教絶好 13・14
調教不調 12・16
◎2枠4番 サンクテュエール

勝負馬券は【4-5・9・11・13・14・17】3連複軸1頭流し。

大井競馬の果断に最敬礼

日曜日の競馬の結果

中央阪神大阪杯」…カスP&逆神の権兵衛 三連複1,350円的中(10点)

モリアテ教授 三連複1,350円&馬連1,100円的中(15点)

1着 5番ラッキーライラック(2番人気)カス△ 権◎

2着 12番クロノジェネシス(4番人気)カス◎ 権△

3着 8番ダノンキングリー(1番人気)カス▲ 権▲

 

f:id:KAS_P:20200409224408j:plain

(ロボだっち氏提供。画像は一部加工してあります)

f:id:KAS_P:20200409224455j:plain

(コロナウイルス対策のため、カスP、権兵衛、モリアテ全員マスクしています)

 

4月7日の東京都ら一部自治体の緊急事態宣言を受け、翌8日にJRAが何かしら発表すると前日に報道がありました。もしかして競馬開催が中止になるのでは…?と危ぶむ声が高まったのですが、8日午前中、JRAの発表に先んじて大井競馬が競馬開催の続行を表明。

さすが地方競馬の盟主、とアンチ南関の私もこのときばかりは大井競馬場に最敬礼を禁じえなかった。大井がJRAの発表の内容を事前に知っていたかどうかはわかりません。もしJRAが発表内容を予め各地方競馬場に伝えておらず、休止を発表しようものなら、各地方競馬場もそれに倣わなければならない。大井は先手を打って、JRAがどう判断しようと地方競馬は開催を継続すると宣言することで、他の地方競馬場の動揺を防いだと考えられます。一方で、事前にJRAの発表内容が開催の休止ではなく、競走馬や騎手の移動の制限だったと把握していたとしても、今後JRAが騎手の罹患等によって中止を余儀なくされた場合も、地方競馬は独自の判断で動くことを予め表明したとも取れます。こういうとき、NARのような組織はWHOじゃないけれど迅速に動けない。だからこそ、いち競馬場に過ぎない大井が先駆けて動いた。いち競馬場とはいえ、最大の地方競馬場である大井の発言なら充分に説得力を持つ。

不況を乗り越えた現存の地方競馬場も、多くは自転車操業JRAと違って開催中止は即存廃問題に直結する。細心の注意を払っても感染を防げない不運もあるでしょうが、どこかの精神科医たちのようにナイトクラブへ行ってクラスターに巻き込まれ、結果大事な時期に病院全体が機能できなくなるといったような、軽はずみな行動だけは極力やめて欲しい。

www.nicovideo.jp

こんな中、笠松ではカンパイで、しかも出走馬全頭がやり直しが効かないくらい走ってしまったのでレース自体不成立という事件がありました。厩務員がまだゲートの中に残っているのにゲートが開いてしまうというとんでもない不手際。過去、トラクターがコースに残っているのにレースが始まってしまうという珍事がありましたが、柳江仁調教師が競走馬に接触して命を落とすという痛ましい事故もあり、今回はトラクターの件と違ってとても笑えない。兵庫ではレース前の負担重量の誤表示で結果12頭中7頭除外という失態も。無観客競馬による気の緩みなのか、異常な環境が続いて関係者たちが疲れているのか。

 かくいう私もコロナ疲れ。というかコロナに関する報道でうんざりしている。テレビのコメンテーターや芸人や美容整形外科医が、どいつもこいつも賢人気取りで好き勝手言いたい放題。それをスポーツ新聞がいちいち採り上げて、ヤフーがトップページに並べる。それに対するコメントも、納税者なら何を言ってもいいような風潮。自分はちゃんと納税しているからカネ寄越せ、まだ店開いている飲食店は非国民、税金払っていない弱者は飢え死にしろ。もう無茶苦茶。非常事態に人間の本質が露わになるとはよくいったもの。日本人の「民度」というものをイヤというほど思い知らされました。絶望しても「竹林の七賢」のように世を捨てて竹林の中で酒を飲んだりして遊んでいるわけにはいかず、テレワークとやらとは無縁でコロナの危険に身を晒しながら働いていますが、コロナ関係の報道はシャットアウト。明日、愛知県と岐阜県が自発的に緊急事態宣言を出すようですが、なるようにしかならない。自分は気をつけながらもその日その日を一生懸命生きるだけ。こういうときに馬券で高配当的中すれば気も晴れる……と思わなくもないのですが、今ヘンに幸運に見舞われると、とんでもないリバウンドがありそうで恐い。桜花賞は、8,000円くらいの的中でいいです。

日曜阪神メイン「大阪杯」(GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20200405022517p:plain

モリアテ:あの…先週の高松宮記念のレース回顧は……

権兵衛:明日の大阪杯、楽しみだなー(棒読み)

 

f:id:KAS_P:20200405022533j:plain

モリアテ:すいません、先週の高松宮記念……

せめて結果……

カスP:恨むなら、コロナを恨め。

モリアテ:…いえ、コロナウイルスは関係ないような……。

 

f:id:KAS_P:20200405022931j:plain

オレ、三連複22,830円

当たってるんだよ!!!

 

すみません。仕事でバタバタしている状況なもので。

いよいよコロナウイルスの影がひたひたと我が身に近づきつつあります。元々喉に疾患があるのですが、ちょっと咳をすると「もしかしてオレ、コロナ?」とつい思ってしまう。こちとら穴熊決め込むわけにはいかず、月月火水木金金で働きに出ているのですが、今や感染経路不明の陽性反応者が続出し、こうなると周囲の人間の中に「この中で誰がコロナを持っていてもおかしくない」と疑心暗鬼状態…とまではいいませんが、異常な状況の中、神経質にならざるをえない。コロナに罹患するより先に精神的に参ってしまうような。気晴らしに名古屋に買い物……にも行けない。馬券を買えばちっとも当たらずストレスが溜まる。先だっては「ホリエモン祭り」を応援すると言ったのですが、事ここに至っては、己の認識の甘さを反省せざるを得ない。

ただ、こういうときこそ用いる表現や言葉に気をつけないといけない。小池都知事志村けん氏のコロナでの逝去を「功績」と讃えた(?)。都知事も異常な状況の中テンパっているし、言わんとする意図はわからないでもないのですが、あまりに表現が悪すぎる。この方は以前にも「排除」で天下を獲りそこねたこともあり、長い横文字を使うのがお好きな割に日本語の使い方が下手。

一方、あちらこちらで「緊急事態宣言」を出せと叫んでいますが、国民が自身の行動を縛ってくれとか自ら基本的人権を制限しろと大合唱しているのも異様な光景。安倍首相が出さないのは、国民の人権抑制に慎重だからではなく、宣言を出したら出したで、国民たちは今度は休業補償寄越せとか騒ぎ立てて、その責任を負うことに尻込みしているだけなのでしょうが、宣言出すにせよ出さないにせよ、どの途もうマスク2枚じゃ納まらないよ。

いつまで続くのか無観客GⅠ、大阪杯の予想を。

 

<カスPの予想。単勝人気とオッズは前日のもの>

◎8枠12番 クロノジェネシス(北村友/3番人気 5.1倍)

〇3枠3番 ブラストワンピース(川田/2番人気 4.8倍)

▲6枠8番 ダノンキングリー(横山典/1番人気 3.5倍)

△4枠4番 ワグネリアン(ハムスター/5番人気 5.7倍)

△5枠5番 ラッキーライラック(デムーロ/4番人気 5.3倍)

×8枠11番 カデナ(鮫島駿/8番人気 39.8倍)

 

有力馬の鞍上が、どいつもこいつも信用ならない。ホント、ルメールがいてくれたらと思ってしまう。混合GⅠを勝ちきれるだけの力があるかどうかは微妙ですが、三連複の軸ならば、と前走「京都記念」(GⅡ)を勝ったクロノジェネシスを本命にします。大外枠といえど12頭立てなので阪神の内コースといえどもそれほど不利ではないでしょうし、鞍上の北村友も川田や横山やハムスターやデムーロに較べれば、幾らかは信頼できる。穴馬指名はカデナ。前走「小倉大賞典」(GⅢ)は2017年、3歳時の「弥生賞」(3歳GⅡ)以来の勝利。一時期不振を極めていましたが、波ありながらも復調し、ようやく前走、久し振りの勝利の美酒を味わった。中間の追い切りが意欲的で、最近比較的若い騎手が活躍しているだけに、鮫島克駿にもちょっと期待したいところ。

 

買い目は12を軸に三連複3、4、5、8、11に流して10点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

5頭のGⅠ馬が出走する豪華メンバーの頂上決戦。ステイフーリッシュの単騎逃げ見込まれるもダノンキングリー、クロノジェネシスら先行勢も強力で、楽な展開は見込み難いとなると、実力本命戦になりそうと予想。

◎5枠5番 ラッキーライラック
距離・コース問わず接戦を演じてきた安定感魅力。単は兎も角複勝1点張りならの本命。
〇3枠3番 ブラストワンピース
昨夏の札幌記念勝ちと距離大丈夫。凱旋門賞大敗後の前走で巻き返しており好走必至。
▲6枠8番 ダノンキングリー
古馬GⅡを2勝と能力通用。昨春クラシック3・2着と距離合いそうで横山Jが不気味。
△8枠12番 クロノジェネシス
重馬場向きな気もするが良でも大崩れしておらず、地力は互角で侮れず。
×4枠4番 ワグネリアン
一昨年のダービー馬と実力確かも昨年イマイチな成績。何かもう一押し欲しいが。

馬券は、 
3、4、5、8、12
の3連複ボックス(計10点)で参ります。ガチガチの本命予想ですが、兎に角当たりさえすれば・・・(兎に角当てるのが至難の業のような気もorz)

 

<モリアテ教授の予想>

コロナの影響で、京セラ開幕戦 払い戻し。
スタレビ・KAN・馬場 のライブ延期?なのか中止?なのか不明。
やっぱり、楽しみは競馬だけ。

調教超絶好 12
調教絶好 8
調教不調 7
◎8枠12番 クロノジェネシス

勝負馬券
【12→3・4・5・8・11】馬連・3連複1頭軸流し。

船橋競馬「マリーンカップ」(牝馬交流GⅢ)予想

福永祐一が競馬の無観客開催について、

「普段、生活する上で競馬は必要じゃない。だけど、閉塞した中で、ストレス発散や気晴らしになるなら、全力で努め、提供していきたい」

いいこと言うけれど、それでも、それでも、いけないとは思いながらも、高松宮記念で1番人気タワーオブロンドンを本命にした私はこうツッコまざるを得ない……あんたの騎乗が余計ストレスを増幅させているんだが、と。

 

昨夜は「寝落ち」して笠松「新緑賞」の予想ができなかったので、代わりに船橋競馬の「マリーンカップ」の予想を。1600メートル。第11R。20:05発走。

今回も中央勢が微妙。3歳時に芝の「紫苑S」を勝って、初ダートだった前走「エンプレス杯」(川崎・牝馬限定交流GⅡ)3着のパッシングスルーに人気が集まっているようですが、後ろからの脚質だけに不安も。ただ、ダート慣れしていれば前走よりは前々に取りつくこともできるかもしれません。

 

◎6枠9番 メモリーコウ(JRA的場文)

〇3枠4番 スマートフルーレ(JRA武豊)

▲6枠10番 ラインカリーナ(JRA・武藤)

△8枠13番 パッシングスルー(JRA・内田博)

△2枠2番 ラビットラン(森泰)

×4枠6番 グランモナハート(大井・本田)

 

本命メモリーコウは「TCK女王杯」(大井・牝馬限定交流GⅢ)3着。前走の中央「仁川S」はハイペースに巻き込まれ大敗しましたが、それまでは堅実に走っている。1600メートルは初めてですが、小回り福島の1700メートルで勝っている。鞍上は本来は古川に乗せたかったのでしょうが、コロナによるドバイ中止のあおりを受け出場できず。代打の的場文男がどんな騎乗を見せてくれるか?

スマートフルーレはまだ3勝クラス条件の身ですが、他のメンバーとの力関係はそれほど差がない。先行力があり、この馬も1600メートルは初めてですが対応できないことはないと思います。

ラインカリーナはここ暫く不振。1600メートルと距離短縮で新味を出せないか?地元勢に先行馬が数頭いて、逃げるかどうか悩ましいところですが、好位で結果を出しているわけではない。腹を括って逃げて逃げ切れるか。

パッシングスルーはダート適性があるのか前走は恵まれただけなのか。前走も勝ち馬からは離された。ここが試金石でしょう。

地元南関勢からは元中央ラビットランと、生え抜きで前走「ロジータ記念」を勝ったグランモナハートを。ラビットランは一昨年「JBCレディスクラシック」2着。近2走不振なれど、能力的には見限れない。船橋に移籍したことで立て直されていれば。

 

買い目は9を軸に三連複2、4、6、10、13に流して10点。

それから馬単9→10、10→9で計12点。