粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

地方馬ファン投票とJBC2018

レース開始直後の光景を見て、

f:id:KAS_P:20181101021912j:plain

あ~あ~

あ~あ~

勝手にしやがれ

 

日曜日の競馬の結果

中央東京「天皇賞秋」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

1着 4番レイデオロ(2番人気)カス◎/権○

2着 9番サングレイザー(4番人気)

3着 10番キセキ(6番人気)カス△

 

競馬というのはこういうこともあるのです。私はレイデオロ本命だったのですが、

「恒例の、切った人気馬とその理由(かなりの確率で突っ込んでくる)」

などと半分冗談めかして挙げたサングレイザーがしっかり連対するところがカスPクオリティ。そもそもヒモで買った4頭のうち2頭(マカヒキ、スワーヴリチャード)がゲートが開いた直後にガツン、では。

ルメールはおそらくジャパンカップ、このレイデオロかアーモンドアイか、どちらに乗るか究極の選択に迫られるわけで。まあ、選ばれなかった方も、モレイラと入れ替わりに日本に来たデムーロ弟か誰か、外国人騎手が乗ることになるでしょう。

 

そういえば2018年JBC2018を盛り上げる企画として、第一回地方馬ファン投票があり、1位は船橋ヒガシウィルウィン。総投票数の半分近くを集めました。かつては「東京ダービー」、「ジャパンダートダービー」を制する地方競馬希望の星でしたが、今では交流重賞でも掲示板が精一杯。それでもJBCに出れば結果はどうあれ、南関東競馬代表の面目は保ったはず。ところがJBCを回避して本日、大井のマイル重賞に出て2着。

ファン投票結果のこの馬のキャッチコピーが地方競馬の代表から、日本ダート界の代表へ」などと記されていました。一時期南関の一線級が、中央相手では敵わないと、レースで逃げるならともかく、レースから逃げ回っていた時期がありましたが、「日本ダート界の代表」がダート王者決定戦から逃げるのかよ!?。情けないにもほどがある。同じ佐藤賢二厩舎からはファン投票3位のキタサンミカヅキが「JBCスプリント」に出ますが、さすがに「東京盃」勝って回避するわけにはいかない。オーナーがオーナーだけに。

代わりに「JBCクラシック」に挑むのは、ファン投票2位だった名古屋カツゲキキトキト。正直この馬はJBCには行かないと思っていた。「白山大賞典」から地元の「名古屋GP」直行を疑っていませんでした。途中で挟むとすれば連覇している地元「東海菊花賞」ですが、今年はそれすら「名古屋GP」行くなら出してはいけないと思ったほど。こちらのキャッチフレーズは「一生懸命頑張る姿に何度心を打たれたか」。私からすれば、今年は頑張り過ぎだろ!?白山大賞典」でさえ使いすぎを嫌って予想で印から外したのに(結果馬券をハズしてしまいましたが)、更にここからJBCに挑むのはかなりキツイ。無事に完走できれば。

4位船橋リッカルドは「帝王賞」4着だったのですが、こちらも選んだのはJBCではなくヒガシウィルウィンと同じ大井のマイル戦。しかも1番人気で4着。ただ、この馬は今年1月までは中央で走っていた馬なので、ヒガシウィルウィンほど、逃げたからどうこうという怒りは湧いてこない。

5位が岩手ラブバレットリッカルドより下なのは、南関とそれ以外の競馬人口の差か?こちらはJBCスプリントに挑みます。「笠松グランプリ」3連覇ですが、賞金1000万円と4連覇を捨ててここに挑むなら俄然応援したくなる…けど「笠松グランプリ」も来るんだろうな。中央東京の根岸Sに2年連続挑んで10着、9着なのですが、道中先行するだけのスピードは見せた。東京の直線が501メートルなのに対し、京都は329メートル。相手は当然厳しいのですが、粘って残れないか?

12位の高知ディアマルコが今年も「レディスクラシック」に挑みますが、昨年は14着。今年も前哨戦の「レディスプレリュード」は8着で苦戦は必至。とはいえ今年も佐賀、園田、名古屋と牝馬限定とはいえ地方馬だけの重賞では勝っている。西日本の最強牝馬であることに疑いはない。中央というより東西の壁が厚いのか?それでも日本全国駆け巡り、南関の交流重賞で惨敗こいてもチャレンジし続ける(出走手当目当てではなく)姿勢は讃えたい。

 

あと…ファン投票で49位まで発表されていたのですが、笠松の馬が一頭もいない。数年に一頭、全国レベルの強豪馬を出す笠松ですが、ラブミーチャン引退後はこれといった馬が現れず。ファン投票7位だった名古屋サムライドライブを「東海ダービー」で破ったビップレイジングが、以降結果を出していれば…寂しい限り。