粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

カスPは高知競馬ファンに寝返りました。

先週の木曜日の競馬の結果

笠松競馬「マーチカップ」…ハズレ

1着 10番ニューホープ(3番人気)▲

2着 1番メモリージルバ(4番人気)△

3着 4番アリオンダンス(6番人気)△

勝ちタイム 2:02:2(良)/昨年の勝ちタイム 2:02:3(メモリージルバ・重)

コースレコード 2:00:3

 

日曜日の競馬の結果

高知競馬「土佐春花賞」…三連単4,720円&三連複580円的中(10点)

1着 8番リワードアヴァロン(3番人気)◎

2着 6番フルゴリラ(2番人気)▲

3着 3番レインズパワー(1番人気)〇

勝ちタイム 1:25:1(重)/昨年の勝ちタイム 1:24:4(ナンヨーオボロヅキ・重)

コースレコード 1:20:2

 

今週の木曜日の競馬の結果

名古屋競馬「若草賞」…ハズレ

1着 2番ステラモナーク(1番人気)◎

2着 8番ミステリーベルン(2番人気)△

3着 7番バブルガムダンサー(4番人気)▲

勝ちタイム 1:28:3(良)/昨年の勝ちタイム 1:28:8(ゴールドリング・良)

コースレコード 1:23:9

 

f:id:KAS_P:20200327002247j:plain

というわけでカスPは

高知競馬ファンに寝返りました。

 

今年に入ってマトモに当たっているのって高知のレースだけだよ。

「土佐春花賞」はグランシュヴァリエ産駒のリワードアヴァロンが序盤から先頭に立ってそのまま押し切り重賞制覇。2着馬に3馬身差つける完勝。レインズパワーは序盤で出脚がつかなかったのが響いた。ただ、レインズパワーの実績から、これで勝負がついたとは思えず、この2頭の争いは「高知優駿(黒潮ダービー)」まで続くでしょう。それまでは、この2頭を追いかけてみようかな、と。

「若草賞」は三連単2頭軸の一頭であるポピュラーソングの鞍上が笹川(大井)だったのが、コロナウイルスの影響で来れなくなり、地元の戸部に変更となったのを知ってひどく嫌な予感に襲われましたが案の定。ステラモナークと下手に先行争いをした挙句結局ハナを奪えず、2番手をを追走していたが直線までもたず後退、6着で終わった。

 

コロナウイルスは特に中央競馬に混乱をもたらし、ドバイワールドカップが中止。先に渡航したルメール、古川が自宅待機を余儀なくされ、2週間騎乗できないという悲運に見舞われた一方、これから出発というときに空港で中止の報に接した武豊は間一髪セーフ、高松宮記念に乗り鞍を得ることができた。その高松宮記念もやはりというか、無観客GⅠ。ファンファーレに合わせた手拍子と、鳴り終わった後の歓声がないというのは、昔夢中になってプレイしていた「ウィニングポスト」のGⅠレースを彷彿とさせます—ゲーム中のファンファーレはオリジナル曲なのですが、PC版はパッチを当てることで本物のファンファーレに替えることができた。勿論パッチは公式ではないのですが。ただ、今の状況で高松宮記念を観戦に中京競馬場に行くというのは、K-1や宝塚の公演とはワケが違う。さすがの私も絶対無理。無観客GⅠは仕方ないでしょう。

実は3月24日は、shugoro氏とともに、ある名馬に携わった元競馬関係者の許に取材に赴く予定だったのですが、予定を組んだのがクルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」騒ぎの2月下旬。有休も申請していたのですが、その後コロナウイルスが日本国内で本格的に牙をむきはじめ、中央、地方で無観客競馬が決まった3月はじめ頃に、その元競馬関係者の方が高齢であることも考慮して、コロナ騒ぎが落ち着くまで待とうとshugoro氏と連絡を取り合って決めました。一度取った有休も撤回。その当初行くはずだった日の翌25日に、私が暮らしている町の近くでクラスター感染の疑いが濃厚だという報動が。延期にして正解でした。でもこうなるとコロナウイルスが他人事ではなくなってきた。仕事帰りにプラプラすることもできない。今更ながら帰宅後は手洗いうがいを徹底しています。