粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

船橋競馬「マリーンカップ」(牝馬交流GⅢ)予想

福永祐一が競馬の無観客開催について、

「普段、生活する上で競馬は必要じゃない。だけど、閉塞した中で、ストレス発散や気晴らしになるなら、全力で努め、提供していきたい」

いいこと言うけれど、それでも、それでも、いけないとは思いながらも、高松宮記念で1番人気タワーオブロンドンを本命にした私はこうツッコまざるを得ない……あんたの騎乗が余計ストレスを増幅させているんだが、と。

 

昨夜は「寝落ち」して笠松「新緑賞」の予想ができなかったので、代わりに船橋競馬の「マリーンカップ」の予想を。1600メートル。第11R。20:05発走。

今回も中央勢が微妙。3歳時に芝の「紫苑S」を勝って、初ダートだった前走「エンプレス杯」(川崎・牝馬限定交流GⅡ)3着のパッシングスルーに人気が集まっているようですが、後ろからの脚質だけに不安も。ただ、ダート慣れしていれば前走よりは前々に取りつくこともできるかもしれません。

 

◎6枠9番 メモリーコウ(JRA的場文)

〇3枠4番 スマートフルーレ(JRA武豊)

▲6枠10番 ラインカリーナ(JRA・武藤)

△8枠13番 パッシングスルー(JRA・内田博)

△2枠2番 ラビットラン(森泰)

×4枠6番 グランモナハート(大井・本田)

 

本命メモリーコウは「TCK女王杯」(大井・牝馬限定交流GⅢ)3着。前走の中央「仁川S」はハイペースに巻き込まれ大敗しましたが、それまでは堅実に走っている。1600メートルは初めてですが、小回り福島の1700メートルで勝っている。鞍上は本来は古川に乗せたかったのでしょうが、コロナによるドバイ中止のあおりを受け出場できず。代打の的場文男がどんな騎乗を見せてくれるか?

スマートフルーレはまだ3勝クラス条件の身ですが、他のメンバーとの力関係はそれほど差がない。先行力があり、この馬も1600メートルは初めてですが対応できないことはないと思います。

ラインカリーナはここ暫く不振。1600メートルと距離短縮で新味を出せないか?地元勢に先行馬が数頭いて、逃げるかどうか悩ましいところですが、好位で結果を出しているわけではない。腹を括って逃げて逃げ切れるか。

パッシングスルーはダート適性があるのか前走は恵まれただけなのか。前走も勝ち馬からは離された。ここが試金石でしょう。

地元南関勢からは元中央ラビットランと、生え抜きで前走「ロジータ記念」を勝ったグランモナハートを。ラビットランは一昨年「JBCレディスクラシック」2着。近2走不振なれど、能力的には見限れない。船橋に移籍したことで立て直されていれば。

 

買い目は9を軸に三連複2、4、6、10、13に流して10点。

それから馬単9→10、10→9で計12点。