粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜阪神メイン「桜花賞」(3歳牝馬GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20200412011959p:plain

桜花賞の予想を。

<カスPの予想。単勝人気とオッズは前日のもの>

◎3枠5番 マルターズディオサ(田辺/5番人気 9.9倍)

〇6枠11番 クラヴァシュドール(デムーロ/6番人気 12.2倍)

▲8枠17番 レシステンシア(武豊/2番人気 3.8倍)

△5枠9番 デアリングタクト(松山/1番人気 3.5倍)

△7枠13番 マジックキャッスル(浜中/8番人気 18.7倍)

△7枠14番 ミヤマザクラ(福永/7番人気 13.7倍)

 

阪神JFチューリップ賞上位組を中心に。つまり阪神芝1600メートルに実績のある馬たちで。阪神JFで逃げて圧巻の勝利だったレシステンシアは外枠。今回は内枠のスマイルカナが逃げ宣言をしているだけに、乗り替わった武豊がどう乗るか。というわけで中団からの捲りもしくは好位差しができ、勝負根性もあるマルターズディオサを本命に。対抗に阪神JF3着、チューリップ賞2着のクラヴァシュドール。本命との差は殆どない。レシステンシアを単穴に。

デアリングタクトは初めての重賞がこの大舞台。まだキャリア2戦だけに何ともいえない。個人的には半信半疑—特に前走派手に勝ち過ぎているところ—で、実績の割に人気し過ぎているので切るのもありかと思いますが、こういう未知の魅力溢れた馬はレースを盛り上げてくれる。

マジックキャッスルはマルターズディオサ、レシステンシアと好勝負を演じている。シルバーコレクターで地味な存在ですが侮れない。そのマジックキャッスルをクイーンCで破ったのはミヤマザクラ。ともに阪神コースは初めてだけに、適性が鍵。

 

買い目は5を軸三連複9、11、13、14、17に流して10点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

2歳G1阪神JFの上位勢が揃って出走。これに割って入る新興勢力が居るかが鍵か?遅れてきた大物的な存在も複数いて取捨選択が悩ましいところ。

◎8枠17番 レシステンシア
〇3枠5番 マルターズディオサ
▲6枠11番 クラヴァシュドール
阪神JF上位3頭がチューリップ賞でも上位独占。各馬の能力比較は兎も角他の馬に比べて比較上位なのは確か。
×7枠14番 ミヤマザクラ
2000mの京都2歳Sで好走できるスタミナは買える。別路線組の未知の魅力あり。
×2枠4番 サンクチュエール(ルメール/3番人気 6.9倍)
牡馬相手のシンザン記念勝ちの実績は加点材料。能力未知数も先物買いで狙う。

馬券は、 
4、5、11、14、17
の3連複ボックス(計10点)で参ります。他に買いたい馬も多いですが、トリガミはいかがなものかということで敢えて絞っていきます。後は竹林の七賢よろしく酒飲みながら的中待つだけ。(←関係なく夜な夜な飲んでるくせに)

 

f:id:KAS_P:20191013024951p:plain

<夜遊びできないモリアテ教授の予想>

しかし、コロナ感染者が増えていくだけですね。
早く競馬場で観戦したいですね。

調教超絶好 17
調教絶好 13・14
調教不調 12・16
◎2枠4番 サンクテュエール

勝負馬券は【4-5・9・11・13・14・17】3連複軸1頭流し。