粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

名古屋競馬「かきつばた記念」&高知競馬「福永洋一記念」予想

名古屋競馬かきつばた記念」の予想を。

例年になく中央勢の層が薄いのですが、迎え撃つ地元勢も弱い。中央勢の一角を崩すとなれば「東海桜花賞」1、2着の浦和と兵庫の馬でしょう。若手の浅野皓大がペイシャゲランで出場。交流重賞は今回が初めてでは?まあ結果が望める馬ではありませんが、大勢の観衆で沸き返る中で大舞台を経験させてあげたかった。1400メートル。第11R。16:25発走。

 

◎6枠7番 ラプタス(JRA・幸)

〇7枠10番 アディラート(JRA・川田)

▲1枠1番 リアンヴェリテ(JRA・佐藤)

△2枠2番 ドリームドルチェ(浦和・大畑)

△8枠11番 マイタイザン(兵庫・杉浦)

△7枠8番 ノボバカラ(JRA・岡部)

 

普通に走ってくれればラプタスとアディラートの一騎打ち。リアンヴェリテは「白山大賞典」(金沢・交流GⅢ)で7着ですし、ここ2戦、中央の重賞とはいえ勝ち馬から3秒以上離されている。距離短縮で、最内を利して気分良く逃げられて残れるかどうか?

ドリームドルチェ、マイタイザンは地方馬の割にちょっとハンデ的に見込まれた感じもありますが、メンバー的に仕方ないか。ノボバカラは2016年勝ち馬ですが、このメンバーだから印が回った感じ。

買い目は三連単7、10→7、10→1、2、8、11と馬単7、10→1で計10点。

 

それから高知の「福永洋一記念」を。1600メートル。第11R。20:20発走。

 

◎8枠10番 ウォーターマーズ(西川)

〇5枠5番 サクラレグナム(赤岡)

▲7枠8番 カネトシピュール(佐原)

△6枠6番 アースグロウ(郷間)

△6枠7番 スペルマロン(倉兼)

×2枠2番 ツクバクロオー(宮川)

 

交流重賞でも善戦、高知の大将格である11歳馬サクラレグナムを本命にしたいところですが、この馬、1600メートル戦は1400メートルほど冴えない。この「福永洋一記念」も初めて。昨年は「かきつばた記念」の方に出走していました(6着)。本命は、逆に長い方が良さそうなウォーターマーズに。

カネトシピュールは元笠松騎手だった目迫厩舎の馬。前走「御厨人窟賞」でサクラレグナムを降して重賞制覇。とはいえ6番人気という伏兵扱いで、展開的にも恵まれて逃げ切ったというところがある。ただ3連勝中で勢いは侮れない。本格化ということも。

スペルマロンは中央時代(2勝クラス)は1800メートル中心。1300メートルの「黒潮スプリンターズカップ」勝ち馬ですが、1600メートル以上は4戦して連を外していない。ただ差し馬だけに展開の助けも欲しい。

アースグロウは善戦ウーマンといってしまえばそれまでですが、重賞でも崩れない。上位に食い込む可能性なら充分あります。「御厨人窟賞」で、そのアースグロウから0.1秒差5着だったツクバクロオーは中央では3勝クラスまで昇り、「高知県知事賞」で3着。上位入線の力はありそう。

買い目は10を軸に三連複2、5、6、7、8に流して10点。