粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜東京メイン「安田記念」(GⅠ)予想

 過去のコラージュリサイクル

f:id:KAS_P:20200607005827p:plain

武器:残念券

切ってはいけない馬を切ってしまう。

 

安田記念の予想を。

関東地方は雨が降るそうですが、パンパンではないにせよ良は保つでしょうか。あまり馬場状態に神経質になる必要はないかも。

<カスPの予想。単勝人気とオッズは前日のもの>

◎4枠6番 インディチャンプ(福永/2番人気 7.8倍)

〇4枠5番 アーモンドアイ(ルメール/1番人気 1.4倍)

▲2枠2番 ダノンキングリー(戸崎/4番人気 11.5倍)

△6枠9番 アドマイヤマーズ(川田/5番人気 13.8倍)

△7枠11番 グランアレグリア(池添/3番人気 11.1倍)

×5枠8番 ケイアイノーテック(津村/13番人気 139.8倍)

 

昨年は負けて強しのアーモンドアイでしたが、今年は中2週というのが気掛かり。しかも前走は牝馬限定とはいえパーフェクトなレースで、それが却って反動がないか気がかりにさせる。有馬記念は引っ掛かっての惨敗。今回は2500メートルではなくマイルですが、半年ぶりのレースから中2週というローテが何かしら影響を与えることも。

本命はインディチャンプ。ダービージョッキー福永です—ダービーは馬に勝たせてもらったという感じもするが―。鳴尾記念も勝ちました。ダービーを勝って翌週の土曜日の重賞も勝って、更に翌日のGⅠも制覇するなんて、ルメールならともかく福永に有り得るか?と思うのですが、ここはこの馬の連覇に賭けます。もしこのレースで勝てば、「ハムスターの福永」と呼ぶのはやめて、以降は「マングースの福永」と呼ぶことにします。

昨年のダービー2着馬・ダノンキングリーは9戦して、馬券圏外が昨年のマイルCSのみ。
重賞での唯一馬券圏外がマイルですが、東京マイルと京都マイルでは違い、東京の方はどちらかといえば中距離向き。大阪杯は3着に敗れたとはいえ0.1秒差。アーモンドアイが案外なら、この馬のアタマもあると思います。

アドマイヤマーズは昨年のNHKマイルCの勝ち馬。マイルは7戦6勝。富士Sの惨敗にさえ目を瞑れば。昨年末インディチャンプが7着に敗れた香港マイルを勝ち、行くつもりだったドバイが中止になって、結果半年ぶりのレースになりますが、今は休み明け云々は問題にならない。ノーザンファームしがらきで仕上げているでしょう。

グランアレグリアNHKマイルで1番人気を背負いながら4着(降着で5着)の後、1400メートルの阪神カップで圧勝、高松宮記念も2着。距離短縮で結果を出して、再度のマイル延長はどうかという疑念もありますが、買うと来ない、買わないと来る池添には先週痛い目に遭った。半信半疑で「殺し馬券」の意味も込めて。

穴馬指名にケイアイノーテック。一昨年のNHKマイルC勝ち馬。しかい以降GⅢでも馬券に絡めず。ただ、中間の動きはやたらいいし、ここ4戦結果は伴っていませんが末脚はいい。今回もおそらく最後方から末脚に賭けるでしょうからハマれば。

買い目は6を軸に三連複2、5、8、9、11に流して10点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

GⅠ馬が10頭の豪華メンバーもさることながら、女王アーモンドアイとマイルのスペシャリスト達の対決の行方は興味深い。

◎4枠5番 アーモンドアイ
前走の最後流しての完勝が圧巻。不利受けた昨年も3着確保と鉄壁の軸。
〇4枠6番 インディチャンプ
昨年春秋マイルGⅠ制覇のトップマイラー。前哨戦快勝の勢いで東京コースで更に前進。

マイルのGⅠ勝ってる3番ノームコア、9番アドマイヤマーズ、11番グランアレグリア、インディチャンプに昨秋マイルCSで僅差に迫った1番ダノンプレミアム、GⅠで接戦を演じ続けている2番ダノンキングリーあたりが逆転候補。馬券は◎〇の2頭からの3連複流しも考えましたが、オッズを考慮して

5-6
のワイド1点で参ります。前日オッズで2倍以上あるので、2頭軸総流しの代替としては悪くないと思います。

 

f:id:KAS_P:20191013024951p:plain

<東京では夜の街でクラスター発生。でも関西は大丈夫?のモリアテ教授の予想>

調教絶好 2・5・11
調教不調 10
◎4枠5番 アーモンドアイ

勝負馬券は馬連
2ー5
3ー5
5ー9
5ー11
2ー6
2ー11
6ー11

皐月賞の6ー6は取ったけど、ゾロ目は嫌いじゃ。