粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

大井競馬「帝王賞」(交流GⅠ)予想

笠松競馬で重大な事件が発生しましたが、これについてはまだ詳細が明らかでないので、わかってから述べようと思います。

 

それでは毎年恒例、

f:id:KAS_P:20170627112014p:plain


「シンボルロック」 梅宮辰夫

梅宮辰夫追悼レース・夜の「帝王賞

昭和の色事師・辰兄ィがこの世を去って半年あまり。それでも「帝王賞」がナイター開催である限り、毎年しつこくこのパターンでいきます。


夜の帝王:梅宮辰夫

 

2000メートル。第11R。20:05発走。

<カスPの予想>

かしわ記念」こそ5着に敗れましたが、叩いて本領発揮が見込める一昨年のチャンピオンズカップ勝ち馬ルヴァンスレーヴ、その「かしわ記念」を逃げ切ったワイドファラオ、昨年2着でその後「JBCクラシック」、「川崎記念」を勝ったチュウワウィザード、昨年覇者で「東京大賞典」も制したオメガパフューム、そして昨年の「ジャパンダートダービー」、チャンピオンズカップ覇者クリソベリル。超豪華メンバー。昨年「東京大賞典」3着のモジアナフレイバー、「川崎記念」2着ヒカリオーソ、そして南関で復活したノンコノユメといった南関の有力馬ですらここで馬券圏内に割り込むのは至難かもしれません。

ここ最近ツキに見放されているので、まともに予想しても三連複はトリガミ三連単はハズレが目に見えている。ここはロマンを求めます。そう、

◎8枠14番 ケイティブレイブ(長岡)

単勝で勝負です。フェブラリーS、「かしわ記念」2着でも、今回は相手が揃い、スピード勝負になると分が悪い。しかし2017年勝ち馬、2018年2着(昨年は参戦せず)。この舞台が合わないわけはない。あと6(チュウワウィザード)8(クリソベリル)、11(オメガパフーム)とケイティブレイブ馬連流し。計4点ですが、単勝は当然厚めに。長岡3度目の正直なるか?

 

<逆神の権兵衛の予想>

GⅠ勝ち馬がゴロゴロいるメンバー、と言えば聞こえはいいが、レースが変わると勝ち馬が変わる絶対王者不在の混戦模様とも言えるわけで…湿った馬場なのでスピード馬有利というのを踏まえつつ、オッズが安い分絞り難い買い目を何とか絞っていきたいところ。

◎5枠8番 クリソベリル(川田)

5戦無敗で昨冬チャンピオンズC制した逸材。洋行帰り不安も普通に走れば。
〇7枠11番 オメガパフューム(デムーロ)
中央GⅠ除けば走り堅実。休み明け初戦の平安S楽勝の勢いでもう一丁。

オメガパフームの好敵手6番チュウワウィザード、大井ではいまだ堅実な走り示す9番ノンコノユメかしわ記念の負け方不可解も巻き返しあっておかしくない2番ルヴァンスレーヴあたりが3番手評価か。◎〇のワイド1点張りでは1.0倍と論外なので、馬券としては

軸8、11
相手2、6、9
の3連複2頭軸流し(3点)で参ります。3連複6-8-11を厚めに買えば、トリガミは回避できるかと思います。