粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

大井競馬「ジャパンダートダービー」予想

f:id:KAS_P:20200708025202p:plain

前半期の締めくくり・大井競馬「ジャパンダートダービー」の予想を。2000メートル。第11R。20:05発走。

前日の段階ですがカフェファラオが単勝元返しの状況。こうなると三連複は余程絞らないとトリガミになる。かといって残りの中央勢6頭は横一線に近く、三連単勝負はハイリスクローリターンの予感。カフェファラオがコケれば何が来ても高配当なのでしょうが、それを期待する賭け方は半ば捨て鉢。

ちなみに「東京ダービー」馬エメリミットが出走しますが、他地区のダービー馬の出走はなし。コロナ禍だから仕方ないと言っていいのかどうか…。兵庫から「兵庫CJ」(3歳交流GⅡ)、「兵庫ダービー」それぞれ5着のガミラスジャクソンが参戦。

 

<カスPの予想>

◎2枠2番 カフェファラオ(JRA・レーン)

〇3枠3番 バーナードループ(JRAルメール)

▲6枠9番 ダノンファラオ(JRA・坂井瑠)

△8枠12番 ダイメイコリーダ(JRA・池添)

×5枠7番 ブラヴール(船橋・本橋)

鳴り物入りで再来日のレーンですが、今年は有力馬に乗せてもらいながらGⅠ未勝利。とはいえ今年の3か月はすべて使い尽くした。ひとつくらいは勲章を持って帰らないとサマにならない。というわけで2から3、7、9、12に馬単で流します。今年のレーンは最後までツキに見放される、という考えもありですが、ルメールも一時期ほどの勢いはない。

ダノンファラオとダイメイコリーダは逃げ残り警戒。

あとはレース直前の挫せきで「東京ダービー」に出られなかった7番ブラヴールの複勝。まだ完全ではないということで、さすがに今回は厳しいか。応援馬券の意味を込めて。次に繋がる走りができれば。

 

<逆神の権兵衛の予想>

中央と地方の3歳ダート戦線の頂点決めるのにふさわしいメンバー構成。雨で高速決着見込まれるのと、東京ダービーが波乱の決着だった点を考慮すると、中央勢優位と見ますが、果たして...。
 
◎2枠2番 カフェファラオ
出色の時計の前走ユニコーンS含め無傷の3連勝。地方のダートを人馬共にこなせば。
〇3枠3番 バーナードループ
新馬戦以降は3連勝。前走兵庫CS勝ちと小回り経験あり、それが生きれば逆転も。
▲7枠11番 ミヤジコクオウ(JRA・幸)
前走鳳雛SがOP特別ながらいい時計。上位2頭にも時計的には五分にやれる。
×8枠12番 ダイメイコリーダ
鳳雛Sで▲に完敗の2着も、前走古馬混合2勝クラスで勝負になっており食い込みも。

馬券は
2、3、11、12
3連複ボックス計4点で参りたいと思います。敢て地方勢はバッサリ切ります。