粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜新潟メイン「アイビスサマーダッシュ」(GⅢ)予想

とりあえずどんなツマラナイことでもいいから更新を続けることを最近自分に課しております。というわけで、

f:id:KAS_P:20200726030159j:plain

f:id:KAS_P:20200726030219j:plain

謎の黄金母子像。その正体は次回にも。

 

アイビスサマーダッシュの予想を簡単に。

新潟直線芝1000メートルという特殊なコース形態から荒れそうな印象がありますが、過去10年中7年、1番人気が連に絡んでいます。比較的ヒモも荒れず、先週のような大多数の人が阿鼻叫喚というレースはあまりありません。過去8年、2桁人気の馬は馬券に絡んでいませんが、8番人気とか9番人気とか、ほどほどの穴馬が絡んでくることはよくあります。

このコース、基本外枠有利で、過去10年必ず6枠より外の枠が連に絡んでます。特に大外8枠は5回。あと、意外に2枠が4回連に絡んでいる。メンバーを見渡すに、今年は8枠は3頭いますがいずれも人気薄。見方を替えれば高配をもたらしてくれる可能性もあるのですが…。2枠には昨年2着のカッパツハッチが4番枠に。ただ、前哨戦は結果を出せなかった。

◎5枠9番 ジョーカナチャン(菱田)

〇7枠13番 ライオンボス(鮫島駿)

△2枠4番 カッパツハッチ(丸山)

×6枠11番 アユツリオヤジ(柴田大)

×6枠12番 ビリーバー(杉原)

×8枠18番 ミキノドラマー(菊沢)

本命は前哨戦の韋駄天Sで逃げて、昨年覇者ライオンボスとアタマ差競り合ったジョーカナチャン。先行力に期待します。

7枠の昨年覇者ライオンボスは、新潟芝1000メートルの適性の高さは昨年以降も変わりませんが、今回攻めが軽いのは気にならなくもない。

昨年2着のカッパツハッチは今回チークピーシズ着用するらしく、その効果を期待したいところ。

6枠2頭は中間の動きの良さから。8枠から1頭選ぶとしたら、新潟芝1000メートルは得意なミキノドラマー。昨年は5番人気13着でしたが、昨年が9番枠だったのに対し、今年は大外18番枠。気性に難しいところがあるらしく、うまく壁を作ることができれば。

 

買い目は9を軸に三連複4、11、12、13、18に流して10点。

それから馬連13-4、9、11、12、18で計15点。