粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

笠松競馬「くろゆり賞」予想

笠松競馬「くろゆり賞」の予想を。1600メートル。第10R。15:50発走。

今年は兵庫からの遠征がないのですが、ホッカイドウ、浦和といった東日本からの遠征馬も。

 

◎8枠10番 ジャーニーマン(金沢・中島)

〇6枠6番 クインズプルート(ホッカイドウ・小野)

▲7枠8番 アドアイヤムテキ(名古屋・丸野)

△3枠3番 レッドゲルニカ(浦和・真島)

△4枠4番 ヒルデンハーグ(向山)

×1枠1番 ニホンピロヘンソン(水野)

 

本命は金沢ジャーニーマン。かつては「羽田盃」3着、「東京ダービー」5着。昨年の春までは南関の重賞でこそ結果が出ませんでしたが、Aクラスやオープンなら勝ち負け。今年の初夏に金沢に転入して2連勝した後「金沢スプリント」(1400メートル)2着。距離延長も歓迎。このクソ暑い中、遠征馬の中で最も輸送距離が短いのもアドバンテージか?

ホッカイドウのクインズプルートは。中央500万(1勝)クラスからホッカイドウに移籍、中央でもいずれは500万通過という実力でしたが、1年半という長期休養を経て「赤レンガ賞」2着、前走「星雲賞」は1番人気で勝利。7歳ですが、長期休養もあってまだ老け込むほどのキャリアではなく、更に上積みが期待できそう。問題は北海道からの長距離輸送と笠松コース、なにより灼熱の岐阜に耐えられるか。せっかく遠路はるばる来たからには、結果を出して帰って欲しいものですが。

アドマイヤムテキの前走の敗因は明らかに距離。1600メートルのここなら大いに見直すことができます。ただ、休み明けとはいえここよりずっと相手が緩かった「飛山濃水賞」(1400メートル)4着。「笠松グランプリ」2着の実績はありますが、絶対的信頼は寄せられない。

レッドゲルニカは元中央OP馬。近走の成績は一見それほど脅威には感じないように見えますが、着順ほど勝ち馬から突き放されているわけでもないし先行力も持っている。ひと昔前は地元の南関で結果が出ないから、格下の笠松ならと明らかにナメた態度で冴えない馬を連れてきて、掲示板の隅っこが精一杯というケースが多々ありました。小久保智厩舎は狙って積極的に他地区に遠征してくるだけに警戒は必要。

地元勢はヒルデンハーグとニホンピロヘンソン。ともに中央からの移籍。格はニホンピロの方が3勝クラス、ヒルノが2勝クラスで前者の方が上ですが、ニホンピロは前走アドマイヤムテキに完敗しているし、それ以外のレースも微妙。まあこれまでの主戦が山下で、今回は一気に強化されて水野。12日の笠松は水野無双の日でした。調整方法も変えただけに一変の可能性は秘めています。ヒルノはBクラスから事実上の格上挑戦ですが、勢いはあるし、追い切りにもそれが感じられる。

 

買い目は10を軸に三連複1、3、4、6、8に流して10点。