粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜東京メイン「天皇賞秋」(GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20201101004427p:plain

追悼、ショーン・コネリー

 

当初はアメリカ大統領選ネタをやろうと思っていたのですが、あまりに見苦しい選挙戦で、ネタにするのも嫌になった。

ただ、過去にトランプが当選したとき、映画監督のオリバー・ストーンが「トランプ大統領、悪くない」と言って結構話題になったけれど、私がトランプの功績として挙げたいのは、これまでアメリカの歴代政権が繕ってきた輝かしい―といってもいい加減色褪せてきた—虚飾を自らすべて剥ぎ取り、蓋をしていたあらゆる臭いものを、悉くぶちまけてくれたこと。世界中が悪臭に満ち、アメリカという国がもう黄昏の時すら過ぎていたことが、白日のもとに曝された。こんなトランプのアメリカが身を挺して「共の習帝」から日本を守ってくれるとまだ本気で思っている人たちがいるのだからおめでたい。オリバー・ストーンが、トランプが戦争が嫌いであることを評価していたけれど、この4年間のトランプを見て、彼が大の戦争嫌いであることはよくわかった。ただし、アメリカ人が血を流す戦争に限って。

ちなみに「007」シリーズは結構視ているのですが……実はあまり好きというわけでもない。

 

辛気臭い話はここまでにして、天皇賞秋の予想を。

12頭立ての少頭数で、ここでも圧倒的人気馬が一頭。アーモンドアイ。クラシックの最後は、牡馬牝馬ともに人気に応えましたが、3週連続となるか?

<カスPの予想。単勝人気とオッズは前日のもの>

◎7枠9番 アーモンドアイ(ルメール/1番人気 1.6倍)

〇6枠7番 クロノジェネシス(北村友/2番人気 4.8倍)

▲6枠8番 キセキ(武/5番人気 13.4倍)

△4枠4番 ダノンキングリー(戸崎/3番人気 10.9倍)

×3枠3番 ダイワキャグニー(内田博/9番人気 52.4倍)

 

アーモンドアイは東京は<5.1.1.0>。2着3着はマイルの安田記念。だいぶ馬体が大きくなっているそうなのですが、これをどう評価するか。マスコミは強い馬の変化は良い方向へと捉えがちで、体形が変わってきたとか逞しくなったとか評していますが、おそらく馬体重は2桁増えて出てくるのでは?ただ、追い切りの動きに重さは感じられない。

ダノンキングリーは距離延長がどうか?と言われていますが、むしろ距離が延びた方が良いのでは?血統的にもディープインパクト、母父ストームキャットキズナラキシスリアルスティール等2000メートルに強い馬も多い。成績を見ていると、マイルだから詰めが甘いのであって、中距離だと違う面を見せてくれるのでは?と思うのです。

ダイワキャグニーは8勝はすべて東京。とはいえ<8.1.1.8>で負けも多いのですが。毎日王冠は3歳馬サリオスに0.5秒差2着。この辺りをどう捉えるか?あまり中間は強調できませんが、好調の波に乗ってきた感はあります。

買い目は3、4、7、8、9の三連複ボックスで10点。アーモンドアイ以外は横一線っぽい。

 

<逆神の権兵衛の予想>

GⅠ馬7頭参戦の豪華メンバーの一戦も、やはり目玉はアーモンドアイ芝GⅠ最多の8勝目なるか?か。アーモンドアイ圧倒的1番人気、単勝1倍台となると、馬券的には相当絞る必要があり、利益を出すのは存外難しい。
 
◎7枠9番 アーモンドアイ
説明不要。東京7戦5勝で他2戦も3着内と切る要素無し。黙って買う。
〇6枠8番 クロノジェネシス
前走宝塚記念が後続に1秒差つける圧勝。2走前大阪杯連対とスピードもあり逆転候補。
 
紐候補としては、差しに回って安定の8番キセキ、昨秋GⅠで惜しい競馬続けた11番ダノンプレミアム、天皇賞(春)連覇と勢いある5番フィエールマン、復活期待の古豪1番ブラストワンピース、4番ダノンキングリーあたりか?ただ3連複あたりで流し買いしてもオッズ的にはそこまで差は無いので、分かり易く
 
ワイド7-9
 
の1点で参ります。穴党は福島競馬でも買いましょう。
恥もへったくれもありません。当てればいいんです!(←でも外したら、言い訳できへんで。)

 

f:id:KAS_P:20190331041442p:plain

<モリアテ教授の予想>

調教絶好調 9
調教絶好 11
調教不調 5・12
◎7枠9番 アーモンドアイ

勝負馬券は【4・7・9】馬連BOX。