粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

大井競馬「JBC」GⅠ三連戦予想

f:id:KAS_P:20201103024024p:plain

やってきました。

毎年恒例「死のロード

一日GⅠ三連発

 

今年はプラス収支で乗り切りたい、JBC三連戦。今年はホッカイドウで交流GⅢとして「JBC2歳優駿」が行われますが、さすがにそこまでの余力はない。

 

JBCレディスクラシック

大井1800メートル 第8R 16:30発走

<カスPの予想>

◎7枠13番 マルシュロレーヌ(JRA・川田)

〇7枠12番 ファッショニスタ(JRA・北村友)

▲3枠5番 プリンシアコメータ(JRA・岩田康)

△2枠2番 マドラスチェック(JRA・森)

×4枠6番 ダノンレジーナ(浦和・本橋)

 

中央勢は◎と〇の2頭が抜けていますがあとは横一線。マドラスチェックサルサディオーネ、ローザノワールが逃げ馬ですが、マドラスとローザは安定した成績とは言い難く、展開に左右される傾向が。まずはサルサディオーネが強くハナを主張してくると思いますが、森泰斗のマドラスチェックも、鞍上からして大人しく控えるとは考えづらく、強気に攻めるはず。ローザノワールも逃げてなんぼの馬。ただ3頭が潰し合って仲良く共倒れというのも考えづらく、どれかは残るような気もします。私は森と相性の良いマドラスチェックを取ります。レーヌブランシュも気になりますが、古馬相手になってから今一つで、ちょっと使い詰めっぽいところもある。

買い目は13を軸に三連複2、5、6、12に流して6点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

牝馬限定戦で上位勢は実力拮抗の印象。同距離同コースのトライアル・レディスプレリュードが不良馬場で行われており、それなりに参考になりそうな予感。
 
◎7枠13番 マルシュロレーヌ
初の大井コースの前走が0.6秒差の完勝。トライアルからの臨戦でもあり素直に本命。
○2枠2番 マドラスチェック
トライアルの前走◎に完敗も3走前で大井で重賞制覇。内枠利しての好走は当然警戒。
7枠12番 ファッショニスタ
休み明け緒戦?も昨年このレース3着等実力確か。地方で全て掲示板確保の堅実さを買う。
△8枠14番 ローザノワール(JRAルメール)
初重賞でG1は厳しいが、前走見れば時計的には足りる。ルメール起用の本気度怖い。
×3枠5番 プリンシアコメータ
前走トライアルで1.1秒差3着と差感じるが、2走前重賞勝ちと通用の余地あり。
 
馬券は、3連複 2、5、12、13、14の5頭ボックス計10点で参ります。

 

JBCスプリント

大井1200メートル 第9R 17:10発走

<カスPの予想>

◎6枠11番 ジャスティン(JRA・戸崎)

〇5枠10番 マテラスカイ(JRA・武)

▲7枠14番 ブルドッグボス(浦和・御神本)

△7枠13番 コパノキッキング(JRA・藤田)

△4枠7番 サクセスエナジー(JRA・松山)

×3枠6番 サブノジュニア(大井・矢野)

×5枠9番 キャンドルグラス(船橋デムーロ)

 

荒れるとしたらこのレース。南関勢にも一発臭漂わせる馬があちらこちらに。マテラスカイは「東京盃」では出遅れて惨敗。昨年「東京盃」も4着(ただ、その後京都で開催された「JBCスプリント」で2着)。大井がダメな馬なのか。ただ、昨年の「東京盃」も勝ち馬から0.4秒差と突き放されたわけではない。前走は参考外。昨年覇者ブルドッグボスは今年も頑張っているが8歳馬。結構使われていて、ここらあたりで疲れが出て来ないか懸念はあります。2着だったコパノキッキングも、昨年ほどの勢いはない。低評価の「オーバルスプリント」組が高配当の使者になるかも?モズスーパーフレア、懲りない(?)ミスターメロディの、芝からの転向組は2013年金沢開催のときのドリームバレンチノのように走る可能性もありますが、リスクの割に馬券的妙味は薄い。

11を軸に三連複6、7、9、10、13、14に流して15点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

スプリントの上位勢の実力差少なく、しかも芝G1馬2頭参戦という不確定要素まであって超難解。逃げ馬多くハイペース必至なのだけは確実ですが、さて・・・
 
◎6枠11番 ジャスティ
○7枠14番 ブルドッグボス
▲7枠13番 コパノキッキング
前哨戦の東京盃の上位馬が好走する傾向あり素直に。各馬成績も安定している点も良い。
×8枠16番 ミスターメロディ
×5枠10番 マテラスカイ
×1枠1番 ヒロシゲゴールド(JRA・藤岡康)
一角崩しの候補としては、昨年6着と一応適正示し、距離も昨年より短くなって狙いたい芝G1馬1のミスターメロディ、前走大敗も出遅れ原因と言い訳立つ重賞上位常連のマテラスカイ、クラスターカップでマテラスカイの鼻叩いて粘った実績あるヒロシゲゴールドあたりか?あまり手広く買っても仕方がないのでこのあたりに絞り、馬券は
11、13、14の3連単ボックス(6点)
及び
1、2頭目11、13、14
頭目 1、10、16の3連複フォーメーション(9点)の計15点で参ります。

 

JBCクラシック

大井2000メートル 第10R 18:30発走

<カスPの予想>

◎3枠5番 クリソベリル(JRA・川田)

〇1枠1番 オメガパフューム(JRAデムーロ)

▲8枠14番 チュウワウィザード(JRAルメール)

△7枠13番 デルマルーヴル(JRA・戸崎)

△6枠10番 ノンコノユメ(大井・笹川)

△4枠7番 サクラアリュール(JRA・藤岡康)

×2枠3番 ロードレガリス(JRA・武)

×5枠8番 サウンドトゥルー(船橋・森)

 

◎、〇の一騎打ちの様相。▲が割って入れるかどうか。他にも強い馬は多くいますが、如何せん◎、〇が強すぎる。3着候補。

買い目は三連単1、5→1、5→7、10、13、14で8点。

それから馬単5→14、1→14。三連複1-5-3、8で計12点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

今年の帝王賞上位3頭が揃い踏み。これに割って入る新興勢力が居るか?が穴狙いでは重要になりそうも・・・
 
◎3枠5番 クリソベリル
日本国内では無敗のほとんとパーフェクトな馬。帝王賞の完勝ぶりから消す要素無し。
○1枠1番 オメガパフューム
地方コースでは3着以下無しの堅実派。特にケチをつける材料なく消せない。
▲8枠14番 チュウワウィザード
昨年のJBCクラシック勝ち等これも地方ダートG1上位常連。普通に走れば馬券圏内か。
 
逆転候補も居ないわけではないものの、上位3頭が強力すぎて素直に決まりそう、というところで馬券は、
3連複 1-5-14
の1点で参ります。