粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜東京メイン「アルゼンチン共和国杯」(GⅡ)予想

f:id:KAS_P:20201108004011p:plain

カス:嗚呼、私ノ蒼イ鳥ハ

イッタイ何処ニイルノデセウ

 

千早:いません、そんなの。(倒置法)

 

11月5日の競馬の結果

笠松競馬「ラブミーチャン記念」…三連複240円的中(10点)

1着 10番ラジアントエンティ(1番人気)〇

2着 6番シャノンアーサー(2番人気)◎

3着 1番スターフェネック(3番人気)▲

勝ちタイム 1:43:8(良)/昨年の勝ちタイム 1:42:2(テーオーブルベリー・良)

コースレコード 1:38:4

 

半分どころか、半分の半分—4分の1も回収できないなんて……

コース適性云々以前に、実力の差がそのまま着順と着差に現れたか。4着に△サルー(5番人気)、5着に穴馬指名のカリーナチャム(8番人気)が来たけれど、3着とは5馬身差で、馬券に絡む余地は欠片もなかった。

天皇賞秋から「ラブミーチャン記念」まで、5レースで3レース的中ですが、唯一プラスだった「レディスクラシック」で6点で660円。残り2つは3分の1も回収できていない。「ラブミーチャン記念」は三連単でも460円で、腹を括って1点2点で張らなければとてもプラスにはならない。その意味で「JBCクラシック」は権兵衛氏のように1点買いが正解なのですが、チキンな私は絞っての勝負が苦手。

それにしても、「ラブミーチャン記念」のような鉄板はともかく、東海公営は最近穴馬が絡んできても配当が安いレースが多い。ハイリスクローリターンであまり買う気が起きない。

 

 アルゼンチン共和国杯の予想を簡単に。

◎4枠8番 サンレイポケット(荻野極 ハンデ55)

〇7枠13番 オセアグレイト(三浦 ハンデ55)

▲3枠5番 ユーキャンスマイル(岩田康 ハンデ58)

△1枠1番 バレリオ(津村 ハンデ55)

△4枠7番 アイスバブル(横山武 ハンデ55)

×5枠10番 サンアップルトン(柴田善 ハンデ55)

×8枠17番 ゴールドギア(田辺 ハンデ53)

 

どうも微妙な馬が多い。その中で安定した成績を保っていて、調子も良さそうなサンレイポケットを本命に。サリオスに0.5秒差3着だった毎日王冠より1キロ軽いハンデ55キロ。ユーキャンスマイルは4着だった天皇賞春も58キロ。所謂カンカン泣きの心配はありませんが、今回はハンデ戦のトップハンデである58キロがどう出るか?オセアグレイトは目黒記念は6着でしたが2番人気に推された馬。メンバー中、(2.1.2.2)と東京実績は一番。一方でオセアグレイトとは反対に6番人気で2着だったアイスバブルも東京は相性が良い方。ともにその後が冴えませんが、巻き返しに期待。サンアップルトンはOP昇級初戦の日経賞で4着。休み明けのオールカマーは9頭中6着でしたが、4歳馬ということもあり、一度叩いての上積みはありそう。

それから今回メンバーを見渡すに、どうも積極的にレースを引っ張っていきそうな馬が見当たらず、距離もあってスローになる公算が高い。そうなるとバレリオ、ゴールドギアといった末の切れがある馬にも目を配りたいところ。

買い目は8を軸に三連複1、5、7、10、13、17に流して15点。

 

弥生賞3着、青葉賞勝ちのオーソリティは骨折明け。最後は一杯で追い、脚に心配はなさそうですが、久々がどう出るか?ハンデも53ならともかく54はちょっと見込まれたか。切りますが、もし突っ込んできたら、これから第一線で活躍が見込める。