粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

中山グランドジャンプ(障害GⅠ)&ホープフルS(2歳GⅠ)予想

12月20日の競馬の結果

中央阪神朝日杯FS」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

1着 2番グレナディアガーズ(7番人気)カス〇

2着 7番ステラヴェローチェ(2番人気)カス▲/権△

3着 8番レッドベルオーブ(1番人気)権◎

 

f:id:KAS_P:20201115023441p:plain

プロデューサーは本命が飛び

権兵衛さんはヒモ抜け。

見事なコンビネーションですねぇ。

これこそまさに…

f:id:KAS_P:20201226032314p:plain

四次元殺法コンビ

明日は土曜日なのにGⅠがふたつ。まずは中山グランドジャンプ

<逆神の権兵衛の予想>

最も参考となる筈の今年の中山グランドジャンプが極端に渋った馬場でどの程度参考にすべきかが難しい。
 
◎7枠14番 メイショウダッサイ(森一馬)
中山GJ2着に昨年のこのレース3着と大障害コースで堅実。未勝利勝ち後必ず馬券になってる安定感買える。
○6枠12番 ブライトクォーツ (西谷)
中山GJで◎に離された3着も後続千切っており能力ある。昨年の大障害は◎に先着の2着で良なら当然雪辱できる器。
 
3番手以下は中山大障害で2頭に離されているか大障害コース未経験の馬ばかりで比較材料乏しく難解。となれば、今年の中山グランドジャンプの成績を素直に信じて
ワイド12-14
の1点で参ります。元々障害の実力馬が実力をまざまざと見せつけることが多いレースだけに、この2頭のマッチレースに期待するのもいいかもしれません。
 
<カスPの予想>
◎6枠12番 ブライトクォーツ
〇7枠14番 メイショウダッサイ
▲6枠11番 タガノエスプレッソ(平沢)
△1枠1番 シンキングダンサー(五十嵐)
△3枠5番 ヒロシゲセブン(高田)
×8枠16番 スズカデヴィアス(北沢)
 
やはり大障害コースで実績ある2頭。森一馬GⅠ初制覇を期待したいところなれど、これまではオジュウチョウサンという絶対的存在がいて、ある意味チャレンジャー的な気持ちで臨めた。今回は本命視されかなりのプレッシャーのはず。これまで数々の修羅場を潜り抜けてきた(?)ベテラン西谷のブライトクォーツを本命にします。
あとこれも大障害コースで実績あるシンキングダンサーなのですが、陣営コメントがいきなり、
—馬っ気が激しくなったので去勢した。
この淡々とした一文に、男として何だか背筋にひどく冷たいものを感じました。
タガノエスプレッソ、スズカデヴィアスは大障害初挑戦なだけに未知数ですが、平地でも実績を挙げた馬。大障害コースをうまくこなせれば平地力で大番狂わせを演じるかも。
買い目は12を軸に三連複1、5、11、14、16に流して10点。
 
 次にホープフルS
<逆神の権兵衛の予想>
今年のこれまでの2歳GⅠ全滅だけに、全く当たる気がしないけれど…比較的人気決着が多いというところで、有力馬がそれなりに結果出すレースだと適当に断定して予想します。
 
◎6枠10番 ダノンザキッド(川田)
2戦2勝で東スポ杯2歳S制した実力馬。先行タイプで中山コースも減点不要。
○2枠2番ヨーホーレイク (武)
前走芝二千の特別戦勝ちと距離合う。その時が重馬場となれば中山の荒馬場合うかも。
▲1枠1番 オーソクレース(ルメール)
この馬も2戦2勝。前走から間隔開くのが?も東京芝千八勝ち有りと好走条件は満たす。
△7枠12番アドマイヤザーゲ(吉田隼)
これも2戦2勝。前走芝二千の特別勝ちと適正ある。この辺りも甲乙つけがたい。
×7枠13番シュヴァリエローズ(北村友)
2走前新潟2歳S5着敗退も前走距離伸びて巻き返す。スローの前残りが怖い。
 
馬券は
1、2、10、12、13
の3連複ボックス計10点で参ります。3番ランドオブリバティあたりまで入れるとオッズ的に妙味が薄くなるので、敢て消してみました。
 
<カスPの予想>
◎2枠3番 ランドオブリバティ(三浦)
〇6枠10番 ダノンザキッド
▲1枠1番 オーソクレース
△2枠2番 ヨーホーレイク 
△7枠13番 シュヴァリエローズ
△7枠12番アドマイヤザーゲ
×4枠7番 マカオンドール(岩田)
こちらも三浦の初中央GⅠ制覇に期待。森と違ってさすがに三浦は場数を踏んでいる。というか鮮烈なデビューを飾りながら、ここまで中央GⅠを勝てていないのが不思議。若手らしからぬ大胆な騎乗に只者ではないと思ったのですが、年上のグラビアアイドルと結婚しようとして当時の師匠から厳しく反対された辺りからちょっと狂いが生じてきたような。その師匠も不祥事で競馬界から追放された。ランドオブリバティは抜けた存在ではないにせよ、2歳戦だけあって他も抜けているわけではない。ここで獲れないともう暫くチャンスは巡ってこないような。どの有力馬も粗削りな面があることは陣営が認めていますが、有力馬とそうでない馬の差は結構はっきりしている。
買い目は3を軸に三連複1、2、7、10、12、13に流して15点。