粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

土曜中山メイン「中山グランドジャンプ」(障害GⅠ)予想

4月11日の競馬の結果

中央阪神桜花賞」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

モリアテ教授 三連複2,660円的中(20点)

1着 4番ソダシ(2番人気)

2着 18番サトノレイナス(1番人気)

3着 2番ファインルージュ(8番人気)

 

f:id:KAS_P:20210416164911p:plain

権兵衛:あの…私だけでなく

カス野郎もハズレなのですが、

何故呼ばれたのは私だけ……?

やよいさん:あなた何人ですかぁ?

権兵衛:は?……に、日本人です。

やよいさん:そんなことわかってますぅ。

日本のどこかと聞いているんですぅ。

権兵衛:九州の……

やよいさん:九州人なのに

どうしてヨカヨカを

買い目に入れないんですかぁ?

プロデューサーでさえ

ワイド軸で買ったんですよぉ。

九州人なら、

三連単ヨカヨカ1着固定

2、3着総流し

で買って然るべきですぅ!

権兵衛:幾ら何でもそれは無茶苦茶……

やよいさん:

しゃーらっぷですぅ!!!

あなたは九州人の誇りを捨てて

ノーザンファーム

魂を売ったんですかぁ?

 

三連複的中したモリアテ教授(関西在住宇宙人)よりひとこと。

f:id:KAS_P:20210416170223j:plain

バイオレンストレーナーの馬も

買い目に入れて

しっかり三連複的中したモリアテです。

競馬は当たってなんぼですわ。

美浦パワハラ調教師だろうが

笠松のセクハラ調教師だろうが

ワールドプレミアの馬主だろうが

配当金持ってきてくれる奴が正義!

競馬はロマンなんかじゃねぇ!

勝つか負けるか、当たるかハズレるか

それだけなんだよ!

 

……ところで、

いつワクチン打ってくれるんです?

何かこっちマジヤバイんですけど……。

 

ヨカヨカは1600メートルは何とか守備範囲だと思ったのですが、メイケイエールが大暴走したのもあり、この展開で前にいたのは厳しかった。同じ位置取りで勝ったソダシの強さが強調された格好に。ヨカヨカは次走は1200メートルの葵S。一旦休ませるのもありかと思いましたが、メイケイエールに煽られて走る気を失くしたというなら疲れもそれほど残っていない、という判断かもしれません。オークスは論外でも、NHKマイルCへ行くというのは勘弁して欲しいと思いましたが、葵Sなら妥当な番組選択。

話変わって「サラブレ」の紙媒体が休刊となりました。ネットでは残りますが、またひとつ競馬雑誌が書店の棚から消えた。

競馬始めたての頃購読していた雑誌。ファミ通と同じようなノリの読者投稿コーナーもあり、一番ライトでとっつき易く、ビギナーである私は随分お世話になりました。ただ、ある程度競馬に詳しくなると、月刊誌ということもあってレース予想もどうしても週刊誌であるGallopや週刊競馬ブックに較べると弱く、次第に離れていきました。インパクトのあった過去のレースを個性的声優の若本規夫に実況させるというユニークなDVDが付録についていたり(未だ持っています)、最近では「ウマ娘」を特集して話題になったりしていた。元々はダビスタ人気にあやかって部数を伸ばした雑誌なだけに「ウマ娘」を前面に押し出すのもありかもしれなかったけれど、競馬に限らず紙媒体の雑誌は今どこも苦しい。「電撃ホビー」のようにウェブ媒体で生き残りを図るのもひとつの手。逆に「月刊」にとらわれない分、情報の鮮度は増すでしょうし、やり方次第ではnetkeibaや競馬ラボに張り合える存在になるかもしれません。

ちなみにまたどこかで触れようかと思っていますが、「ウマ娘」のキャストを見たところ、知っている声優は少ないけれど、へェ、あの馬をこの声優がやってるんだ、というのが幾つかあった。知っている声優では

タイキシャトル 大坪由佳(「アイドルマスター・シンデレラガール」の三村かな子役)、

シーキングザパール 福原綾香(「シンデレラガール」の渋谷凛役)

ユキノビジン 山本希望(「シンデラガールズ」の城ヶ崎莉嘉、「イースⅧ」のリコッタ役)、

セイウンスカイ 鬼頭明里(「グランクレスト戦記」のシルーカ・メレテス役、「鬼滅の刃」の竈門禰󠄀豆子役)、

タマモクロス 大空直美(「シンデレラガールズ」の緒方智絵里、「英雄伝説閃の軌跡」のデュバリィ役」)

等。笑ったのが戸山為夫師をモデルにした(?)黒沼という鬼トレーナーもいて、声は「龍が如く」の桐生一馬役・黒田崇矢


www.youtube.com

 

中山グランドジャンプの予想を。

8頭立てというのは、これまで私が見た中で最少頭数。帰ってきたオジュウチョウサンに、同馬不在の昨年中山大障害を制し、森一馬を男にしたメイショウダッサイの勝負といったところですが、少頭数ながら、昨年中山大障害の2、3着馬ら大障害コースで実績ある馬多数。前走僅差ながら京都ジャンプS(障害GⅢ)で3着に敗れたオジュウチョウサンが力を出し切れなければ、何が来るかわかりません。

 

<逆神の権兵衛の予想>

昨年まで5連覇のオジュウチョウサンと昨年の中山大障害で初のJ・G1制覇を果たしたメイショウダッサイの一騎打ちムードも、その中山大障害で2・3着のケンホファヴァルト、タガノエスプレッソあたりも十分逆転可能な着差だったこともあり、オッズの低さも相まって馬券で儲けを出すのは意外と難しい。となればいっそのこと
 
◎4枠4番 オジュウチョウサン(石神)
○6枠6番 メイショウダッサイ (森一)
 
として、
ワイド4-6
の1点で参ります。元々小頭数の多かったグレードレース施行前の中山大障害ポレールが活躍してた頃)はやたら堅いレースが多かった過去もあり、穴狙いは禁物。穴を買うなら皐月賞で。

 

<カスPの予想>

少頭数のうえ、2強ムード。どちらかがコケなければ三連複では到底まともな配当は望めない。三連単はリスクが高い。

というわけで、

◎6枠6番 メイショウダッサイ

〇4枠4番 オジュウチョウサン

▲3枠3番 タガノエスプレッソ(平沢)

以上3頭の馬単ボックスで6点。前日最終では馬単の1番人気が6→4で5.0倍。2番人気が4→6で5.5倍。2強決着でもトリガミとはいえ傷は小さい。とはいえこのオッズが最終になるとは到底思えず、最終オッズはどうなることやら。