粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜阪神メイン「天皇賞春」(GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20210502020617p:plain

「九州のファンファン」こと

逆神の権兵衛でございます。

金もなければ女にもモテないおかげで

毒婦に一服盛られて死ぬという

心配はまったくございません。

競馬でスカンピンになって

野垂れ死にという可能性は

否定できませんが。

 

以前作ったコラの流用ですが、そもそもこのコラを作ったのも、数年前の「紀州ドンファン」ネタに絡めるためだったような?

金というものは上手に御すことができれば多大な幸福をもたらしてくれるが、そうでなければ持ち主を喰い殺す、召喚された魔物のようなもの。「紀州ドンファン」は悲しいかな「クリスマス・キャロル」のスクルージのように改心し、幸福になる機会は与えられなかった。

 

天皇賞春の予想を。まあ…今回ほど買いづらいGⅠもない。理由はいうまでもなく、ワールドプレミア。前日の最終オッズではありますが、3番人気に甘んじているのは意外というかさもありなんというか。

おそらくJRAも、本心はこの馬には勝って欲しくはないでしょう。勝てばJRAを揺るがせた助成金不正受給問題の張本人が、何のペナルティも受けないまま再度GⅠ勝利の栄誉を手にした、とマスコミに蒸し返され、またぞろ悪いイメージが広がってしまう。ワールドプレミアは言わずもがな、騎手、陣営に罪はないけれど、競馬ファンでない一般の人たちはそう割り切ってくれるか?いや……騎手、陣営にも罪はないと言い切れるか?友道師も大江助手も、件の税理士の口車に乗って不正受給に手を染めた可能性はある。何せ税理士にGⅠオーナーという栄誉をもたらしたワールドプレミアを預かっているのだから、税理士が真っ先に誘うのは友道師や大江助手のはず。福永だって13人の受給した騎手のうちのひとりでないと言い切れるか?

友道師や大江助手、福永は誘いを毅然と断ったかもしれない。でもJRAが受給したのが誰なのか有耶無耶にするから、そういう疑いが出てきてしまう。ワールドプレミアの馬主も含め、当該案件に適用できる明確な規則がないから重いペナルティを課せられないというかもしれませんが、競馬がギャンブルであり、他のスポーツ以上にイメージを大切にしないといけないということを意識して欲しい。笠松競馬は身から出た錆とはいえ奈落の底に真っ逆さま、ばんえい競馬もひとりふたりの心無い行為で廃止の大合唱。JRAも聖域ではない。

 

<逆神の権兵衛の予想。単勝人気とオッズは前日のもの>

例年の開催2週目で荒れてない京都の馬場から、12週連続開催でかなり荒れた阪神の馬場に変更。しかも雨の予報まであって馬場状態はかなり悪くなることが想定される。となると、真面目に実力通りに馬券買っても当たる気がしないので、いっそ大穴狙いで…。
 
◎5枠9番 ジャコマル(横山和/16番人気 102.7倍)
近3走微妙も4走前に逃げ切ったときの騎手が横山和。ペース嵌れば逃げ粘りも。
○7枠14番 ウインマリリン (横山武/8番人気 20.2倍)
前哨戦の日経賞を先行押し切り。ジャコマルの番手で折り合えば兄弟で行った行ったも。
▲8枠17番 オーソリティ(川田/6番人気 11.8倍)
これも長距離で先行するタイプ。割と積極的な川田騎手でペースに乗じられると煩い。
△6枠12番 ディープボンド(和田/1番人気 3.8倍)
中山金杯のだらしなさ気になるも阪神大賞典勝ち、菊花賞4着と長距離合うので押さえる。
×1枠2番 アリストテレス(ルメール/2番人気 4.1倍)
阪神大賞典の惨敗?も菊花賞での健闘際立つだけに見限れない。
 
馬券は、予想としては
2、9、12、14、17
のワイドボックス計10点で参ります。さらに高配当狙いで、3連複ボックスに9番ジャコマルの複勝で特券勝負しようかと思案中・・・
(自分で見ても、完全に自棄クソにしか見えない。)

 

f:id:KAS_P:20191013024951p:plain

<モリアテ教授の予想>

難しいですね~。

天皇賞・春
調教絶好 2
調教不調 16
◎6枠12番 ディープボンド

勝負馬券は【12→1・2・5・7・11・13】3連複軸一頭流しで。

 

<カスPの予想>

◎2枠3番 カレンブーケドール(戸崎/5番人気 8.6倍)

〇3枠5番 ディアスティマ(北村友/4番人気 8.0倍)

▲6枠12番 ディープボンド

△4枠7番 ユーキャンスマイル(藤岡佑/7番人気 13.0倍)

×6枠11番 メイショウテンゲン(酒井/13番人気 84.4倍) 

 

本命はGⅠ2着3回、詰めは甘いものの常に堅実に走ってくれるカレンブーケドール。昨年ジャパンカップはアーモンドアイから0.2秒差4着。さすがに3200メートルの長丁場ははじめてですが、折り合いに難しい馬ではなく、もってくれると思うし重馬場も苦にしない。ただ鞍上は個人的には津村(当日は新潟)を手配できなかったのかな、とも思う。

ディアスティマは前走同じコースで完勝。前走は3勝クラスだったのでGⅠの今回は話が別ではありますが、勢いがあるだけに。最近のGⅠは大阪杯といい皐月賞といい、壁を勢いで乗り越える馬が目立つ。

どうも明日も天気が回復する感じではなく、重馬場の阪神大賞典1、2着馬に注目。メイショウテンゲンは重馬場は得意。前走阪神大賞典は6着と完敗だったものの良化を感じさせた。穴男酒井学の手腕に期待。

買い目は3、5、7、11、12の馬連ボックスで。