粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

船橋競馬「かしわ記念」(交流GⅠ)予想

毎 年 恒 例

f:id:KAS_P:20210505002717p:plain

一昨日の「かきつばた記念」の発売金額が、最高額だった一昨年を更に1億円以上更新したそうですが、他人の褌で相撲を取って儲けているような気もしないでもない。名古屋勢は最右翼のメイソンジュニアが6着。5着のノボバカラから4馬身差。道中全然ついていけない感じだった。カツゲキキトキトが衰えて以降、名古屋では中央馬相手に互角に戦える馬が出てきていない。笠松に至っては再開したところで、元から弱いうえ、まだ格好はつけられる馬は悉く他場に移籍。高知、佐賀より弱いのは明白。

「兵庫JG」はゴッドセレクションが敗北……どう考えても負ける気がしなかったのですが、これって鞍上の差?それより三連複530円が美味しすぎるような気がする。ゴッドセレクションと安定感はあるリプレーザを2頭軸に他の中央馬2頭に流す2点買いで獲れる。三連単に至っては3,300円。ゴッドとリプレーザを1、2着マルチで3着に残りの中央馬2頭。4点で獲れる。まあ、ゴッドセレクションが1.2倍と一本被りしていたこともあるとは思うけれど、何だか「かきつばた記念」の配当と全然違うな、と。勝負は兵庫の方でするべきだった。元々名古屋は配当が安過ぎる感じはしていたのですが……まさかピンハネ!?

 

船橋競馬かしわ記念」の予想を。1600メートル。第11R。16:05発走。

中心になるのはフェブラリーSを勝った中央カフェファラオと、「東京大賞典」2着、「川崎記念」を勝ったカジノフォンテン。ただ前者は安定感に欠ける。それはミドルディスタンスの話でマイルなら強いと取ることもできなくはないのですが……。逆がカジノフォンテン。前走「京成盃グランドマイラーズ」を勝ってはいるが僅差。元々マイル戦では不安定な成績で、中央馬相手のマイル戦の展開に適応できるかが課題。

 

<逆神の権兵衛の予想>

買うのやめようかな…(←おい)とふと思えてしまう難解なメンバー構成。実力あるけどいつ崩れるか分からないカフェファラオにマイルの猛者相手にどうか?のカジノフォンテンと有力馬に不安があり、そのカフェファラオにフェブラリーSで負けた組など他の馬は信用度で更に落ちる。
 
手広く買おうとすると買い目が絞れそうにないので、前に行く馬がそれなりに居て、馬場は稍重で時計勝負になりそう、と見て、
 
昨年のかしわ記念と同タイムで京成杯グランドマイラーズを逃げ切った
◎5枠6番 カジノフォンテン(船橋・張田昂)
と、レコード決着のマイルチャンピオンシップ南部杯で差のない競馬をした
○8枠12番サンライズノヴァ (JRA・松若)
の2頭に馬券は絞り、
ワイド6-12
の一点張りで参ります。オッズは4倍ほどありますので、1点勝負としては悪くない倍率だと思います。(当たれば)
 
<カスPの予想>
◎5枠6番 カジノフォンテン(船橋・張田昂)
〇3枠3番 カフェファラオ(JRAルメール)
▲6枠8番 ワイドファラオ(JRA・福永)
△1枠1番 タイムフライヤー(JRA・川田)
△8枠11番 ソリストサンダー(JRA・戸崎)
△8枠12番 サンライズノヴァ
 
迷いましたが、地の利があるカジノフォンテン。中央勢は、昨年勝ち馬ワイドファラオ、3着サンライズノヴァ以外は適性が未知数。カフェファラオは左回りのマイルは無敵ですが、大井の「ジャパンダートダービー」で惨敗しているだけに地方の馬場に合うかどうか。同じファラオでもワイドファラオは昨年同レース以外でも一昨年の浦和「オーバルスプリント」2着等、地方適性がある。前走フェブラリーS14着でしたが、昨年も12着からここに来て勝った。根岸S3着タイムフライヤー、武蔵野S2着ソリストサンダーも地方適性が課題。武蔵野S組で末脚を炸裂させた8枠2頭は、展開が向けば。カジノフォンテン、ワイドファラオ、サルサディオーネ、ワークアンドラブと逃げ馬が4頭。ここまで集まると却って落ち着いた流れになるような気もしないではないのですが……。
買い目は6を軸に三連複1、3、8、11、12に流して10点。
高配狙いは11、12の馬単表裏。計12点。