粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜東京メイン「ヴィクトリアマイル」(牝馬GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20210516032832p:plain

大丈夫です三浦監督。

ベイスターズの勝率は

私たちの勝率よりも

ずっと高いですから。

私たちはクラシック始まる前に

既に自力優勝消滅です。

 

打てない守れないベイスターズもアレですが、投手陣—特に中継ぎ―が必死に耐えているのに、野手が面白いように得点圏でチャンスを潰しまくり、孤立無援の投手が最後力尽きてしまうピッチャー見殺しドラゴンズの方がもっとひどいと思ふ。何より誰も送りバントができないのが致命的。

 

ヴィクトリアマイルの予想を。

<逆神の権兵衛の予想>

波乱の決着も多いこのレースですが、マイルで無双状態のグランアレグリアが出走する本年は果たしてどうなるか?競馬に絶対はないとも言いますし、この馬を外せば高配当必至だけに切ってみたいところですが・・・
 
◎3枠6番 グランアレグリア(ルメール/1番人気 1.5倍)
距離長かった大阪杯でも掲示板確保。適距離に戻る今回はさすがに消す要素なし。
○8枠18番 レシステンシア (武/2番人気 7.6倍)
阪急杯レコードVに高松宮記念クビ差2着と勢い有がマイルは勝ちきれてない点不安。
 
以下、前哨戦の阪神牝馬S勝ちと本格化の
×3枠5番 デゼル(川田/3番人気 10.5倍)
マイル戦4連勝で前走じゅうしょうのダービー卿CT制した
×5枠9番 テルツェット(デムーロ/5番人気 13.9倍)
秋華賞2着から重賞3戦連続連対とすっかり安定の
×1枠1番 マジックキャッスル(戸崎/4番人気 10.6倍)
過去の好走馬が好走する例が多いだけに、昨年2着の実績無視できない
×6枠12番 サウンドキアラ(松山/6番人気 27.5倍)
 
を相手に入れ、馬券は、
軸6
相手1、5、9、12、18
3連複1頭軸流し計10点で参ります。今年は波乱はないと見ます。(にしても、1番人気から2~6番人気に流すって、我ながら芸が無い…)
 

f:id:KAS_P:20201203034423p:plain

<モリアテ教授の予想>

調教絶好 6
調教不調 15
◎3枠6番 グランアレグリア

勝負馬券は3連複軸1頭流し【6→1・5・9・12・18】

 

<カスPの予想>

◎5枠9番 テルツェルト

〇3枠6番 グランアレグリア

▲4枠7番 マルターズディオサ(田辺/7番人気 44.7倍)

△1枠1番 マジックキャッスル

△8枠18番 レシステンシア

△3枠5番 デゼル

×7枠14番 ディアンドル(団野/13番人気 81.4倍)

×2枠3番 クリスティ(斎藤/15番人気 113.5倍)

 

昨年安田記念マイルCSを制したグランアレグリアですが、前走大阪杯で勝ち馬から0.9秒差の4着に敗れている。確かに大阪杯は2000メートルで、舞台がマイルに戻ったら実力的には負けないはずですが、これまで走ったことがなかった2000メートルを使って着順以上の完敗を喫したことで、僅かながらも走りの調子が狂ってしまっているかも。

本命はマイル4連勝で重賞制覇、条件戦ながら東京マイルを連勝しているテルツェルトで。勿論相手は強くなるし、斤量も前走のダービー卿CTよりも2キロ重くなる。それでも未知の魅力を感じます。絶対王者に土をつけるとしたら、幾度も戦ったライバルよりも勢いのある昇り馬かと。

マジックキャッスルは最内、レシステンシアは大外という点が少しマイナス。マルターズディオサとクリスティはキズナ産駒。「五輪で絆を取り戻す」のではなく「キズナで負け分を取り戻す」。たださすがにディアンドルとクリスティは時計勝負になったときがどうか。近年このレース、高速決着が多いだけに。3着まで。

 

買い目は9を軸に馬連1、5、6、7、14、18に流して6点。ワイド9-3、4に6-3、4。計10点。