粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜東京メイン「日本ダービー(東京優駿)」(3歳GⅠ)予想

葵ステークスに出走した熊本産馬ヨカヨカは僅差で2着。スタートが良くなかったものの道中位置取りを上げて直線勝負…が、幸が前を捌くのにかなり手間取り、最後は見事な末脚を披露したものの勝ち馬に僅か及ばなかった。テイエムチュラサン以来(?)の九州産馬平地重賞制覇はお預け。

単勝を勝って応援していたのですが、僅差負けはともかく、勝ったのが13番人気。3着が9番人気。馬単7→2が65,780円、三連単7→2→8が何と1,454,720円……先週のオークスで私が買った買い目と同じ。実は一瞬レース前にそのこともよぎり三連単はともかく、馬単馬連(26,560円)くらいは考えましたが、如何せん7が人気薄で鞍上が亀田ハート様。一瞬ミッキー婆さんに優先的にワクチンを融通した金満病院・”亀田”総合病院を想起してしまい、見送ったらこのザマ。笑ってしまうほどにとことん金銭運に見放されている。ダービーもまったく当たる気しないわこりゃ。

ただ、先週はGⅠ初参戦の藤懸、葵Sは重賞初勝利の亀田。高配当の鍵は「初」かもしれません。

 

f:id:KAS_P:20210530015502p:plain

アルマゲドンでも起きない限り

東京オリンピックはやるそうですが、

アルマゲドンが起きても

東京優駿はやります。

 


www.youtube.com

 

<逆神の権兵衛の予想。単勝人気とオッズは前日のもの>

無敗の皐月賞馬エフフォーリアがいても何か盛り上がらないのは、去年のコントレイルに比べると少し小物に感じるからでしょうか。ライバル関係になるべきダノンザキッドやタワーオブロンドンあたりが結構醜態晒しているのが原因かも、と思います。とはいえダービーを買わないわけにもいかないので、無駄だと思うけど買ってみます。(←おい)
 
◎1枠1番 エフフォーリア(横山武/1番人気 1.8倍)
消せない、というより、このメンバーなら余裕か、という消極的理由で本命。
○8枠16番サトノレイナス(ルメール/2番人気 5.5倍)
ウオッカと比べるには早いが、斤量差2キロを騎手ルメールが生かせば差し怖い。
 
以下は戦力的には差は少なく、大半の馬は展開次第では上位進出が可能な印象。となれば、好走する確率が高い皐月賞上位馬のうち、展開に恵まれた感がある2着馬タイトルホルダーを削り、差して上位の3~5着馬
×6枠11番 ステラヴェローチェ(吉田隼/9番人気 28.7倍)
×8枠15番 アドマイヤハダル(デムーロ/12番人気 49.7倍)
×4枠8番 ヨーホーレイク(川田/7番人気 23.1倍)
 
を加え、馬券は安直に、
1、8、11、15、16
3連複ボックス計10点で参ります。
 

<モリアテ教授の予想>

調教絶好 12・15
調教不調 6
◎1枠1番 エフフォーリア

勝負馬券は3連複軸1頭
【1→4・8・10・12・13・16】

 

<カスPの予想>

◎1枠1番 エフフォーリア

〇7枠14番 タイトルホルダー(田辺/8番人気 23.6倍)

▲6枠12番 ワンダフルタウン(和田/3番人気 10.7倍)

△5枠10番 シャフリヤール(福永/4番人気 14.5倍)

△7枠13番 グレートマジシャン(戸崎/5番人気 14.6倍)

△8枠17番 バスラットレオン(藤岡佑/13番人気 55.1倍)

×3枠6番 バジオウ(大野/16番人気 113.5倍)

 

エフフォーリアが無敗の皐月賞馬とはいえどこまで強いのか判断に難しいのですが、減点材料がない。枠はダービーとは好相性の1番枠、血統的にも問題なく、鞍上も乗り替わりではない。敢えて言えば若い横山武史がどこまで日本ダービーというレースを意識するか。単勝1倍台でダービーに臨むだけに。

弥生賞勝ち、皐月賞2着でも意外と人気していないタイトルホルダーを対抗に。今回は外に何が何でも逃げそうな馬がいますが、ハナでないとダメという馬でもない。

単穴はこれまでダービーを勝てない青葉賞勝ち馬のワンダフルタウン。特別強い印象はないのですが、混戦模様なだけに、空気読まない和田竜二が一発やるかもしれない。

毎日杯直行組から勝ち馬のシャフリヤールか、クビ差2着のグレートマジシャン。シャフリヤールの福永は昨年コントレイルで制しましたが、今年は挑戦者の立場。結構気楽な立場で臨めるはず。1800メートルしか経験していないので2ハロン延長が課題。兄アルアインはダービー5着ですが、2200までは結果を出してもそれ以上の距離は結構キツい印象があった。兄が克服できなかった壁を超えられるか?

わからないのがNHKマイルCでやらかしてくれたバスラットレオン。大外を引いてしまい、距離適性も不安が残る。ただNZTでは2着馬に0.9秒差の圧勝。今回無理にこの馬に競りかけようという馬はいないと思うので、自分のペースで逃げられればあるいは?

穴馬指名にプリンシバルS勝ち馬バジオウ。東京は(2.1.0.0)と相性が良い。2走前にグレートマジシャンに0.4秒差ならそれほど大きな差はないはず。

 

買い目は1を軸に三連複6、10、12、13、14、17に流して15点。

ダービーは乗り替わりは勝てないというジンクスがあります。3着以内も過去5年では2018年3着コズミックフォース(16番人気)のみ。今年は17頭中8頭乗り替わりですが、買い目の中ではシャフリヤールとグレートマジシャン、バジオウが乗り替わり。ただシャフリヤールは前走だけ戸崎で、デビュー戦と2戦目は福永。