粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜小倉メイン「CBC賞」(GⅢ)予想

6月27日の競馬の結果

中央阪神宝塚記念」…カスP三連複 2,200円的中(10点)/逆神の権兵衛 ハズレ

モリアテ教授 ハズレ

1着 7番クロノジェネシス(1番人気)カス◎ 権〇

2着 1番ユニコーンライオン(7番人気)カス△

3着 2番レイパパレ(2番人気)カス〇 権◎

 

6月30日の競馬の結果

大井競馬「帝王賞」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

1着 4番テーオーケインズ(4番人気)カス△

2着 11番ノンコノユメ(10番人気)

3着 13番クリンチャー(6番人気)カス△ 権〇

 

何やねんコレ

1~3番人気馬が壊滅。1番人気オメガパフューム5着、2番人気チュウワウィザード6着、3番人気で私の本命だったカジノフォンテンに至っては10着。

f:id:KAS_P:20210704032714p:plain

貧乏神でも憑りついているのか?

 

これで取れないようならさすがに拙いかも。(ただ、十分ありそうなだけに首筋のあたりに冷たい風が…)(宝塚記念)

前日オッズで8倍あるので、さすがに姑息だとは言われるまいと思います。(外してバカ呼ばわりは十分あり得るけど。)(帝王賞)
 

安倍晋三が右翼雑誌でオリンピックに反対するのは反日だとのたまって物議を醸している。2年前の今頃、東京オリンピックが日本国民を分断するような争いの種になっていることを誰が予想しえたか。私は不思議なほど元からオリンピックへの関心が薄いので、この問題についてはニュートラルなのですが、だからこそ世の中何がどう転ぶかわからない、「現実は小説より奇なり」を体現したような摩訶不思議な状況に接し、狐につままれたような気分になってしまう。当初から開催費用やエンブレムの盗用問題等、どこかケチがついている。でも一昨年は、評価はともかく1964年の東京オリンピックに至るまでの道のりを描いた大河ドラマを1年放送したし、テレビゲームも発売されたし…


www.youtube.com

発売当時何気なく見ていたこのPVを改めて見返すと、自分は今「滑稽な悪夢」の中にいるような気もするのですが、まだ傍観者でいられる―懸念されるオリンピックを原因とした、コロナ変異種の感染爆発がなければの話だが―。言うまでもなく誰よりもこの状況に翻弄されているのは日本代表を含むアスリートたちなわけで。

何にせよオリンピック関連の話題は暗澹たる思いにさせるものばかりなので、ここまでにしてCBC賞の予想でも。

九州産馬の星ヨカヨカが2戦2勝の小倉で重賞獲りを狙います。ハンデも3歳馬で重賞未勝利なので51キロ。とはいえ簡単ではない。今回は逃げ馬の有力馬が多い。小倉芝1200メートルは下り坂からはじまり最後の直線も短く平坦なので、逃げ、先行馬が押し切ることは可能なのですが、それが災いしてオーバーペースになり、先行勢総崩れのケースも度々。馬場も時計が出る開幕最初の頃は行った馬勝ちなれど、時計がかかってくるとそうはいかない。今のところ馬場は良を維持していますが、明日の雨次第では時計を要してくるかも。ちょっとくらいの雨なら影響はないと思うのですが、今は「ゲリラ豪雨」なるものがあるだけに。

単勝人気とオッズは前日のもの。

◎6枠9番 ヨカヨカ(和田/1番人気 3.2倍)

〇6枠8番 メイショウチタン(松若/3番人気 7.4倍)

▲7枠11番 ピクシーナイト(福永/2番人気 3.8倍)

△5枠6番 ビオグラフィー(藤岡康/4番人気 8.1倍)

△4枠5番 クーファウェヌス(酒井/8番人気 20.8倍)

×4枠4番 クリノアリエル(富田/7番人気 16.4倍)

 

ピクシーナイト、ピオグラフィーが逃げ。ヨカヨカ、メイショウチタンはその後。ヨカヨカは、前走葵Sで出遅れ、最後は直線抜け出すのに手間取りながらも末脚を伸ばして僅差2着。出たとこ勝負でいけるのが強み。ここは余りスタートが良過ぎない方が却っていいかも。クーファウェヌスとクリノアリエルは前崩れがあった場合に浮上。

買い目は9を軸に三連複4、5、6、8、11に流して10点。

印が回らなかったけれど高配当を狙いたければ12番メイショウカリン。クーファウェヌスやクリノアリエルと違って3勝クラスを勝ち抜いているし、前走鞍馬Sは相手が悪かった。着順は7着なれど4着だったメイショウカリンとは0.3秒差で上がりの速さは2番目。相手関係は前走より一気に強化されたわけでもなく、3キロ斤量減の51キロとハンデも手頃。ただ、追い切りの動きは冴えず、そこをどう評価するか。