粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜小倉メイン「プロキオンステークス」(GⅢ)予想

阪神の矢野大監督が、サイン盗みを疑って抗議したヤクルトの若手村上に口汚く暴言を吐き、高津監督と激しく言い合った翌日、日刊スポーツの記者が矢野を擁護し、監督どうしの馴れ合いはいらないとか、闘魂を見せろとのたまっていたが、その闘魂というのが

雨天コールド勝ちでガッツポーズしたり、

怪我から復帰したばかりの梶谷を死球で骨折させて

ロクに謝りもしないことか?日刊さんよ?

挙句土曜日はヤクルトー広島戦ということで村上を鈴木誠也と比較してこき降ろす意地の悪さ。

ちょっと前までは阪神に巨人連覇を阻止して欲しいと思ったりもしたが、巨人には容赦なく阪神を首位から引きずり降ろしてもらいたい。どうせ甲子園シーズンにはバテると思うし、ヤクルトも3位に突き落とせばいい。中日はAクラスが望めそうにないし、シーズンの残りはアンチ阪神で楽しもうと思っている次第。

ヤクルト戦で暴言を吐いた矢野も井上一樹も元は中日で星野仙一氏の元にいたのですが、星野氏の闘魂をはき違えてはいないか?中日ファン(一応)として恥ずかしい限り。

 

プロキオンステークスの予想を。今年は小倉で開催。本来は中京で行われるレースなのですが、去年は阪神だったしわけがわからなくなってきた。距離も300メートル延びたので昨年までのデータは使えない。

九州の災害的豪雨が小倉競馬場の馬場にどれだけ影響を及ぼしているかですが、小倉ダート1700メートルは逃げ、先行有利。今回逃げ、先行馬が結構いるのですが、鍵となるのがメイショウウズマサ。テンのスピードはこの馬が一番速いとは思うのですが、大外16番枠を引いてしまった。それでも敢えて逃げることに拘れば、最内のメイショウワザシやサンライズホープと争うことになりそう。先週の芝1200メートルとほぼ同じコースの特徴からそのまま先行勢が行った行ったになる可能性もありますが、先週は逃げた馬以外の先行勢は沈んだ。追い込み馬は分が悪いコースなのですが……。

捲りは強いというデータもあり、それに該当するのがおそらく1番人気になるだろうウェスタールンド。ただこの馬、前走、前々走ともに2000メートル。前走「東京大賞典」から半年ぶりということで1700メートルに即座に適応できるかどうか微妙。ただ、同距離のエルムSで2着だったし元々の適応力はある。コース適性についても、小回りの極致である浦和の「浦和記念」で勝ったダノンファラオとクビ差だったし、過去に1600万条件(3勝クラス)で同コースを勝っているので問題なし。全幅の信頼を置くのはちょっと怖いですが、切ることはできない。

◎5枠10番 サンライズホープ(幸)

〇5枠9番 ウェスタールンド(藤岡)

▲1枠1番 メイショウワザシ(西村)

△4枠8番 ワイドファラオ(福永)

△6枠11番 ペプチドバンブー(富田)

 

メイショウワザシの西村は小倉とは相性が良い。先週CBC賞を勝った鮫島も小倉に強かった。馬自身も小倉は(3.1.0.1)と好相性。穴候補に追い込み馬ペプチドバンブー。この馬も小倉は(1.2.0.0)。ワイドファラオはGⅠ(昨年の「かしわ記念」)を勝っているだけに斤量58キロを背負い、近走の成績からちょっとキツイ気もしますが、今回ブリンカーを着けるということで、それがどう出るか?

以上5頭の馬連ボックスで10点。