粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

月曜中山メイン「セントライト記念」(3歳GⅡ)予想

笠松競馬自粛で損害、馬主が県地方競馬組合など提訴 | 岐阜新聞Web (gifu-np.co.jp)

 

もうね、

何も言う気になれんわ。

好きにしてくれ。

 

セントライト記念の予想を。

よくもまあ、こんなに逃げる馬ばっかり集まってきたわ、ていう感じのメンバー構成。

とはいえ実際は我先に…という典型的逃げ馬と、別に逃げに拘っているわけじゃないけど、気づいたら先頭走ってた、みたいな馬の二種類いると思います。後者はスピード能力があるので自然と前に出てきたわけで、無理をしているのではない。だから最後まで持続する。

よく見ると超良血がいっぱい。桜花賞キストゥヘヴンの息子タイムトゥヘヴン、宝塚記念ドゥラメンテを降したマリアライトの息子オーソクレース、そしてシーザリオの息子ルペルカーリア。

 

◎5枠8番 レッドヴェロシティ(デムーロ)

〇5枠7番 タイトルホルダー(横山武)

▲7枠11番 ルペルカーリア(福永)

△6枠9番 カレンシェルブル(横山和)

△7枠12番 ソーヴァリアント(戸崎)

×4枠6番 レインフロムヘヴン(石橋)

 

本命は青葉賞でクビ差3着のレッドヴェロシティ。その前に勝った水仙賞(1勝)は今回と同じ中山芝2200。前走の函館2勝クラスの2着は、出遅れて取り返すのに脚を使い、最後甘くなってしまった。ちなみに勝った馬はその次の3勝クラスも快勝。鞍上は最近調子が上がってきているデムーロ。前走みたいに出負けする可能性なきにしもあらずですが、幸いというか前傾の展開になりそうなので、そのときは出たとこなりにうまくやってくれるのでは。そういう柔軟性がデムーロの長所。ちなみに元はバイオレンストレーナー木村哲也の管理馬で、木村が謹慎喰らったので、現在は岩戸厩舎。どうせ謹慎明けたら木村ンとこに戻るだろうから、その前に岩戸厩舎は折角棚から落ちてきた牡丹餅、美味しく食べてひと稼ぎしたいところ。

タイトルホルダーは弥生賞勝ち、皐月賞2着。ダービー6着はメンバーの中でダービーに出走した馬では最先着ですが、皐月賞と違って何をしたいのかわからない中途半端な走りでした。だからなのか鞍上は田辺から、皐月賞でこの馬を降したエフフォーリアに乗っていた横山武に替わってしまった。でも最近横山武は調子を落としているし……。

ルペルカーリアは京都新聞杯2着以来。毎日杯はダービー馬から0.5秒差4着。何ともいえないところがありますが、素質に期待。

カレンシェルブルは未勝利を勝った後2戦で1勝クラスを突破。春はクラシック戦線とは無縁でしたがレースセンスが良い。

ソーヴァリアントは弥生賞4着の後の2戦が光る。前々走は1勝クラスで2着馬に1.0秒差、前走は古馬相手の2勝クラスで2着馬に0.6秒差つける圧勝。ただ、ともに舞台は札幌で、同じ前走2勝クラスでも、レッドヴェロシティとは相手が違う。ソーヴァリアントの2着馬は次走で1.9秒差8着と大敗—ただ、鞍上が減量騎手、特別戦で減量の恩恵なかった面も考慮必要か?。前日では派手な連勝劇で人気していますが、このレースで真価が問われます。

穴馬指名はレインフロムヘヴン。ドゥラメンテが最近死んだこともあって、タイトルホルダーが勝って、天国の父に捧げる重賞勝ちとか何とか…といきたいのでしょうが、この馬もドゥラメンテ産駒。青葉賞は6着ですが勝ち馬と0.3秒差。青葉賞のように直線だけ……だとコース的にもキツイですが、道中少しづつ位置を押し上げていけば、前崩れでチャンスあるかも。

 

買い目は8を軸に三連複6、7、9、11、12に流して10点。