粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜中山メイン「スプリンターズS」(GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20211003011517j:plain

古今東西競馬予想ブログは多々あれど

当たらないことを

売り物にしている

予想ブログはここだけ!

(当然売れない)

 

もう秋のGⅠが始まってしまいました。

このスプリンターズステークス、昔はサクラバクシンオー産駒は鬼門だとか、逃げ馬は絶対逃げ切れないといったジンクスがあったのですが、今はサクラバクシンオー産駒なんていないし(母父なら2頭いる)、勝ちきるまではともかく、馬券圏内に残るということなら、逃げ馬もあながち軽視できなくなりました。ただ、人気を背負って崩れる逃げ馬も多いことから、逃げ馬にとって楽ではないレースであることは間違いないでしょう。

ちなみに馬場は台風の影響は思ったほどではないようで良馬場っぽい。パンパンではないにしろ、それほど気にする必要はないか。

 

カスPの予想<単勝人気とオッズは前日のもの>

◎2枠4番 ピクシーナイト(福永/3番人気 6.0倍)

〇6枠12番 レシステンシア(ルメール/1番人気 3.2倍)

▲7枠14番 ダノンスマッシュ(川田/2番人気 3.7倍)

△7枠13番 アウィルアウェイ(戸崎/11番人気 44.6倍)

×4枠7番 タイセイビジョン(三浦/9番人気 31.5倍)

 

3強ともに不安材料もある。ピクシーナイトは3歳馬。これまで3歳牡馬はこのレースで実績がない。CBC賞セントウルSともに2着でしたが、53、54と斤量が増えて今回55。それに中山は今回初めて。CBC賞2着だから小回りもいけそうだし、中京のセントウルSも2着だったから坂も苦にしないとは思いますが。CBC賞レコードタイムから0.1秒、セントウルSでレシステンシアとクビ差は3歳馬ながら頼もしい。セントウルSのときより軽い調整ながらも、動きは悪くなさそう。疲れが出なければ。

セントウルSでピクシーナイトを抑えたレシステンシアも54から55に増えて、斤量の上ではピクシーナイトとの差は変わらない。高松宮記念2着で、このレースの前哨戦であるセントウルSを勝っている(近年では2018年ファインニードル、2019年タワーオブロンドンがセントウルS1着からこのレースを制した)ので1番人気も納得ですが、今回はペースが速くなりそう。位置取りが鍵に。

ダノンスマッシュは昨年2着で高松宮記念勝ち馬。ただ4月25日の香港のレースで1番人気に推されながら6着。それ以来の出走で、ちょっと間隔が長過ぎるきらいも。昨年はセントウルS1着からのローテ。3着だった一昨年はキーンランドC勝ちから。今年はどうか。

アウィルアウェイは昨年3着。このレース、リピーターが結果を出すような傾向があるので。成績にムラあれど、レコードだったCBC賞で3着。相手メンバーとの力関係より、自身の力を発揮できるかどうか。

穴馬にタイセイビジョン。4着だったCBC賞は不利があり、7着だったセントウルSは出遅れたし、馬体重もマイナス12キロ。今回はある程度戻していそうだし、3走前の12着だった京王杯も含め、実力で負けたのではなく、何か噛み合わなくて負けているような気もします。

 

ちなみに迷って切った馬は11番ジャンダルム。荻野極で結果が出ているのに、福永、浜中と替えて結果が出ていない。特に乗り替わってからの2走は出脚が悪い。中山は(2.1.2.4)と好相性だし、荻野に戻せば見直せたのですが。

 

買い目は4を軸に三連複7、12、13、14に流して6点。

 

逆神の権兵衛の予想

台風の影響無く良馬場でやれそうなのは何よりも、波乱の気配しかしない実力拮抗の好メンバーなのは、見るには面白いけど馬券を買うには悩ましい。
◎6枠12番 レシステンシア
快勝した前哨戦セントウルSは先行してのものだが、春には差して高松宮記念2着と自在性あり。6F戦2戦全て2着以内と適正的にも軸に最適。
○7枠14番 ダノンスマッシュ 
昨年2着、春の高松宮記念優勝と実績トップクラス。4月の香港G1以来の一戦もむしろ休み明け得意な点からプラス評価。これも位置取りの自在性あり。
以下、セントウルSで接戦演じた4番ピクシーナイト、9番クリノガウディー、11番ジャンダルム、逃げ残りそうで不気味な16番モズスーパーフレア、8番ビアンフェ、一発差し怖い10番エイティーンガール、13番アウィルアウェイ、勢い不気味な5番ファストフォースらそれ以外もなかなか絞り難く超難解。となれば、いっそ絞るの諦めて、
ワイド12-14
などとお茶濁すのも手かも(←コラ!)。まあ、一応オッズは2倍以上あるので、丁半博打と思えば・・

 

f:id:KAS_P:20201203034423p:plain

上の二人と一緒にされちゃ迷惑なホームランバッター・自称競馬予想界の杉本裕太郎・モリアテ教授の予想。ただし今年は不振。

 

調教絶好 4・16
調教不調 6・7・15
◎6枠12番 レシステンシア

勝負馬券は3連複【12-4・8・9・14・16】

 

f:id:KAS_P:20201115023441p:plain

さいとう・たかを先生が亡くなりましたねぇ。

だからゴルゴ13で13番アウィルアウェイ…

なんて安直な考えしちゃダメですよぉ。

デューク東郷で10(トウ)→5(ゴウ)ですぅ。

1298.6倍ですよぉ。

もしくは565(ゴロゴ)でどうでしょう。

そんな古文の予備校先生いましたねぇ。

不祥事やらかしましたけどぉ。

5は2頭いない?アタマ悪いですねぇ。

5枠→6枠→5枠ですぅ。

つまり、

9、10→11、12→9、10の

三連単フォーメーションで

勝負ですぅ。

9→11→10で5109.3倍、

9→12→10で2492.2倍、

10→11→9で8587.3倍、

10→12→9で4661.6倍ですよぉ。

 

一方地方は岩手で「ダービーグランプリ」。何かそっちの方が断然面白そうなレース。中央のGⅠと同じ日にしなくても、と思わなくもないのですが、発送時刻が18:15。スプリンターズSで負けた人たちが一発逆転を狙って…という何とかホイホイな意図ありあり。

問題は「ジャパンダートダービー」を制したキャッスルトップをどう評価するか。前走「戸塚記念」は1番人気6着。これを実力と取るかどうか。「北海優駿」勝ち馬ラッキードリーム、「東京ダービー」2着ギャルダル、「関東オークス」2着馬ケラススヴィアといった強豪3歳馬が出揃い、かなりハイレベルなレース。地元「不来方賞」を勝ったマツリダスティール、「西日本ダービー」2着のシェナキング、「MRO金賞」でそのシェナキングと互角に渡り合い、金沢「サラブレッド大賞典」を勝ったベニスビーチらがかすんでしまうほど。東海公営の弱小馬が入り込む余地なし。

こういうレースはギャンブルよりもレース自体を楽しみたい。とはいえ馬券を買わないのもアレなので、5番ラッキードリーム、12番ケラススヴィアの馬単表裏だけ買います。