粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

笠松競馬「笠松グランプリ」予想

11月21日の競馬の結果

中央阪神マイルチャンピオンシップ」…カスPハズレ/逆神の権兵衛 ワイド190円的中(1点)/モリアテ教授 三連複1,960円的中(10点)

1着 12番グランアレグリア(1番人気)カス◎ 権◎

2着 3番シュネルマイスター(2番人気)カス〇 権〇

3着 13番ダノンザキッド(5番人気)

-ハナ差-

4着 7番インディチャンプ(6番人気)カス▲

 

f:id:KAS_P:20211124013836p:plain

やよいさん:ハズれたときのネタって

これですかぁ?

あほらしいですぅ。

 

f:id:KAS_P:20190717030708p:plain

モリアテ教授三連複1,960円的中!

(オリックスバファローズは劇的逆転勝ちの後ヤクルトに連敗)

 

23日、盛岡で「レディスジョッキーシリーズ」(LJS)が始まりました。先日1000勝を挙げ一般紙にも取り上げられた宮下瞳を筆頭に7名が参戦(本来は8名だが名古屋・木之前葵は欠場)。笠松の深澤杏花も参戦、第1戦で2着。第2戦は殿負け。まあ馬の人気とほぼ同じ着順。これまで「ヤングジョッキーズシリーズ」にも笠松の騎手は参戦が叶わなかった。ようやく笠松の騎手もこういった企画に加わることを許されたかと感慨深い。

 

笠松競馬「笠松グランプリ」の予想を。1400メートル。第10R。15:45発走。

1着賞金1000万円は、笠松競馬のレースでは最高額。唯一JRAとの交流重賞がないのが笠松なのですが、名古屋の3交流重賞のように毎年JRA勢だけで決着がつくような交流重賞を復活させるくらいなら、こういった全国交流のレベルの高いレースをあと2つくらい作った方が(格上げさせれば)盛り上がると思うがどうなのだろう?とはいえ昨今の「ウマ娘」ブームを思えば、やはりJRAブランドがあった方が客も入るし売り上げも上がるのか。まあ、八百長事件で交流重賞復活の夢は彼方に遠ざかってしまったのですが。

 

今年も面子は揃ったのですが難解。というのも有力馬それぞれに不安要素がある。まず一番人気になりそうなコパノフィーリング、ホッカイドウのスプリント路線の雄アザワクですが、1400メートルの実績がない。兵庫のコウエイアンカは乗り難しい馬で常に後方からになってしまう。それで結果を出している馬なのですが、軸にするにはちょっと不安。

スピード力からコパノ、アザワク、そして岩手時代に「東北優駿」を勝った3歳馬の川崎リュウノシンゲンが前に出てくるでしょうが、おそらく結構速い展開になる。距離的に不安あるコパノとアザワクが最後までもたず、コウエイアンカがスピードについていけず置いていかれるようなことになれば波乱も有りうる。

 

◎4枠4番 ダノングッド(高知・多田羅)

〇3枠3番 コパノフィーリング(船橋・森)

▲7枠9番 コウイエイアンカ(兵庫・大山)

△8枠12番 アザワク(ホッカイドウ・桑村)

×6枠7番 タイセイサクセサー(岡部)

?7枠10番 リュウノシンゲン(川崎・山林堂)

 

一番無難なのは1400メートルの名古屋「ゴールド争覇」を番手抜け出しで勝った高知ダノングッド。「ゴールド争覇」はハマり過ぎた感なきにしもあらずですが、鞍上も含め地元高知だけでなく、遠征に強く、園田だろうが名古屋だろうがコースを問わず堅実に走る。しかも戦ってきた相手も地元ではスペルマロン、園田では今回も戦うコウエイアンカと決して弱くない。行った行ったで決まってしまう展開でなければ出番はあるはず。「習志野きらっとスプリント」ではコパノフィーリングに1.8秒差つけられた9着でしたが、2ハロン延長となれば違ってくるはず。ただ気になるのはダノンザキッドと名前が似ている。私にとっては何だか不吉。

コパノフィーリング、コウエイアンカ、アザワクは強いことは確かだが、笠松1400メートルという舞台になると蓋を開けてみないとわからない。

穴馬に地元笠松のタイセイサクセサー。南関ではB1で燻り笠松へ。中央オープンから南関入りして「習志野きらっとスプリント」を快勝したコパノフィーリングとは格が違いますが、今回のメンバーの中では一番中間の動きが目立っているよう。

評価が難しいのが川崎リュウノシンゲン。1400メートルでもいけることは前走園田「楠賞」でわかったのですが、古馬相手は今回がはじめて。川崎所属ですが南関での出走経験はゼロ。距離は1400は短い嫌いすらあるので、「楠賞」のときのように好位に喰らいつければ最後はスタミナがある分粘り切れるかも。

8番メイソンジュニア、東海ダービー馬である6番トミケンシャイリの名古屋勢も展開がもつれれば出番なきにしもあらず。

 

買い目は4をアタマに馬単3、6、7、8、9、10、12に流して計7点。三連系よりも馬単で勝負します。この馬が3着だったときはおそらく上の2頭は人気馬で配当が低いだろうから。今のツキじゃ何をやっても当たらないし、当たっても半分も回収できないようなトリガミ。だったら夢くらいは見させてもらおうか、という次第。