粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜中京メイン「チャンピオンズカップ」(GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20211205015944p:plain

f:id:KAS_P:20211205015958p:plain

茶色い方が勝つわ。

 

チャンピオンズカップの予想を。

ソダシの初ダートをどう判断するかでしょう。血統的には文句なし。とはいえ実戦は未知数。アクシデントがあったとはいえ前走の惨敗を引きずっているかどうかも問題。中間の状態は良かったようですが。

<カスPの予想。単勝人気とオッズは前日のもの>

◎7枠13番 チュウワウィザード(戸崎/3番人気 5.8倍)

〇3枠6番 テーオーケインズ(松山/2番人気 4.2倍)

▲1枠1番 ソダシ(吉田隼/1番人気 2.7倍)

△4枠7番 サンライズホープ(幸/5番人気 14.5倍)

△8枠15番 メイショウハリオ(浜中/10番人気 29.8倍)

×3枠5番 エアスピネル(藤岡康/11番人気 39.2倍)

 

昨年覇者のチュウワウィザードを本命に。決して安定した成績とは言い難いですが、「JBCクラシック」も勝ち馬から0.4秒差3着なら悪くはない。昨年も「JBCクラシック」3着からの臨戦。同レースで0.9秒差つけられたクリソベリルを撃破した。

テーオーケインズは「JBCクラシック」で1番人気に推されながら4着。ただ、チュウワウィザードとは0.1秒差。大舞台の実績は人気どころが全滅した「帝王賞」勝利くらいですが、勢いはまだ衰えていないと取りたい。

サンライズホープは所謂叩き上げで、まだ大舞台で目立った実績こそないものの中京(2.1.0.0)。前走も中京ダート1900メートルのシリウスSを勝利。100メートルの距離短縮はプラスなのでは?

メイショウハリオも叩き上げ。前走みやこSで重賞初挑戦初制覇。相手は強くなりますが、例年に較べると割って入る余地はあると思います。

穴馬指名にエアスピネル。今年のフェブラリーS2着。前哨戦の武蔵野S2着。ダート転向後は比較的短い距離を使われていますが、ダービー4着、菊花賞3着。昨年は7着でしたがそもそも出脚が良くなかった。道中スムーズなら1800メートルでも結果を出してくれるのでは?

買い目は13を軸に三連複1、5、6、7、15に流して10点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

このところのダート戦線はG1の度に勝ち馬が入れ替わる混戦模様。さらには取捨選択のデータがないソダシがいて難解極まりない。これを一点張り(複勝以外で)で的中すれば堂々とドヤ顔出来るんでしょうけど・・・無理だから普通に手広くいきます。
◎7枠13番 チュウワウィザード
昨年の勝ち馬。前走JBCクラシックで3着と復調気配あり無難に買うならコレ。
○1枠1番 ソダシ
常識的には初ダート戦の馬は消し。とはいえダート血統で一変の可能性あり買ってみる。
▲3枠6番 テーオーケインズ
前走JBCクラシック案外も◎とは僅差。力いる地方の良馬場不向きと見れば逆転ある。
×5枠9番 オーヴェルニュ(福永/6番人気 15.2倍)
近走不振もこのコースで今年重賞2勝と通用の余地。今秋校長の福永怖くで押さえる。
×8枠16番カフェファラオ(ルメール/4番人気 11.7倍)
近2走不満も春のフェブラリーS勝ちと力ある。何より怖いルメール様。
馬券は、
1、6、9、13、16
3連複ボックス10点で参ります。しかし前日オッズでソダシが単勝1番人気とは、ソダシ人気恐るべし。

 

f:id:KAS_P:20210523035046p:plain

<モリアテ教授の予想>

調教絶好 1
調教不調 4・14
◎3枠6番テーオーケインズ
勝負馬券は3連複【6−1・7・9・13・16】