粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

笠松競馬「ライデンリーダー記念」予想

12月29日の競馬の結果

大井競馬「東京大賞典」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

1着 9番オメガパフューム(1番人気)カス◎ 権◎

2着 12番クリンチャー(3番人気)カス▲

3着 5番ウェスタールンド(7番人気)

 

f:id:KAS_P:20211230011549p:plain

権兵衛:粗品ァ?

あんなの普通に馬券外しているのをネタに

YOUTUBEの再生数稼いでいるだけの

逆神騙りの芸人ですわ。

本物の逆神は

1番人気と2番人気の

ワイド1点勝負でもハズす!

カスP:本物の逆神はパンクして、

予定していた笠松競馬場行きが中止!

 

いいよな、有名人はハズれてもそれを売り物にできるから。

兵庫ゴールドトロフィー」、「名古屋グランプリ」はたて続けにトリガミ、そして中央GⅠ三連敗、とどめの「東京大賞典」。ここで資金が枯渇し、予定していた笠松競馬場行きは中止という体たらく。現地に行くとなると、交通費もばかにならないし、メインの「ライデンリーダー記念」だけというわけにはいかない。現に「ラブミーチャン記念」、「笠松グランプリ」当日は現地で、ともにメイン以外に5レースくらい買って悉く憤死!

今開催から長江慶悟が復帰。1日1鞍というのは、大事をとってということなのか?でも明日(「ライデンリーダー記念」当日)は乗り鞍ないし。実はこれが、行くのをやめた一番の理由。もうすぐ高知から妹尾将とか岩手から高橋、岩本とか金沢から青柳、服部とか他地区の騎手が大挙して期間限定騎乗に押し寄せてくる。高橋悠里や青柳といった一線級が来ることもあり、関係者としては乗せたいだろうけど、数少ない地元の若手を育てることもしっかり考えないと。というわけで、

カスP2012年の「推し」は長江慶悟

今日も1鞍のみだったものの、第5レース、2番人気セルクルクルミで久しぶりの勝利。勝てる馬に乗せてくれた川嶋師には感謝。来年「白銀争覇」辺りに行こうかな。兵庫に移籍したノボバカラ来るかもしれないし。

 

笠松競馬「ライデンリーダー記念」の予想を。かつては東海地区の2歳牝馬限定だったのですが、昨年から牡馬牝馬混合で、更には北陸(金沢)所属馬も参加可能に。2歳牝馬の重賞は11月に「ラブミーチャン記念」(1600メートル)があるので、差別化をはかるということで良いことかと。

1400メートル。第10R。15:50発走。

 

◎5枠5番 エムティアンジェ(金沢・栗原)

〇6枠7番 ボサノヴァ(金沢・米倉)

▲4枠4番 ドミニク(向山)

△7枠9番 アマクミナイデヨ(名古屋・大畑)

△8枠12番 アップテンベスト(名古屋・加藤聡)

×3枠3番 シャローナ(吉原)

 

f:id:KAS_P:20211230031650j:plain

ラブミーチャン記念」では密かに地元ドミニクを応援していたのですが、1着エムティアンジェ、2着グラーティアと3着ドミニクの間には壁があることを思い知らされた。エムティアンジェはそれ以後も地元重賞を勝利、中間の動きも良い。陣営は笠松の馬場状態を気にしているようですが、馬の能力に影響を及ぼすほどの馬場ではなさそう。

ボサノヴァは単なるエムティアンジェの帯同馬ではない。過去地元の重賞で2度エムティアンジェと戦って、ともに0.3秒差2着。それに自身「金沢シンデレラカップ」という重賞を制している。先行力が魅力。笠松でも地元のワンツーを再現か?

ドミニクは前走名古屋「ゴールドウイング賞」を勝利。「ラブミーチャン記念」は明らかな力負けでしたが、そこからどれだけ成長しているか。スタートから飛ばせる馬ではないので展開に左右される嫌いはなきにしもあらず。その意味で1ハロンの距離短縮はプラスとは言い難い。それでも毎回堅実に末脚は繰り出しているので、それが前走のように結果に結びつくかどうか。今回先行馬が多いのは僥倖か。

名古屋の秘密兵器?道営2勝で名古屋に移籍、初戦で圧勝劇を見せたのがアマクミナイデヨ。移籍前は8着が2つ続いていますが、これはともに重賞。特に「エーデルワイス賞」は交流GⅢですが、勝ち馬とは1.0秒差と着順ほど離されていない。ただ、前評判ばかりが先行しているような気もしないではなく、私は半信半疑。

アップテンベストは岩手からの転入初戦。岩手での成績は(5.2.1.1)とすこぶる優秀ですが、盛岡と笠松ではコースも全然違い、蓋を開けてみないと…というところはあります。先行力があるので、直線が長くて坂のある盛岡より合うかもしれない。小回りがきく馬なら。

シャローナは善戦ウーマン。どのレースでもそこそこの結果は出すのですが、勝ち馬からは突き放されている。鞍上吉原の力で何とか……と言いたいところなれど、これまでも鞍上は岡部誠だったのだから、こういう馬なのかな、と。ただ崩れない強みはあるだけに、展開が縺れれば浮上してくるかも。

 

買い目は5を軸に三連複3、4、7、9、12に流して10点。それから三連単5→7→1、3、4、9、12で計15点。

波乱があるとすれば、前崩れの後で追い込んでくるパステルモグモグ。ただ最内枠だけに深澤が上手く捌けるかどうかが鍵。