粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜中京メイン「東海ステークス」(GⅡ)予想

競馬は一向に当たらないし、お年玉付き年賀はがきも切手シートすら当たらない。今年に入って当たったのは車のサイドミラー(車庫出しの際ガレージの支柱に当たって損壊)だけというカスPで御座います。

オミクロン株が猛威を奮い、JRAでも騎手がひとり感染。JRAはプライバシー保護の観点から公表しないといっているけれど、騎手変更を見れば菅原明良なのは明白。まあ、土日騎乗が一鞍もない他の騎手という可能性もゼロではないけれど。でも今は、沖縄にゴルフしに行った某芸能人のような「状況証拠」でもない限り、さすがに感染したイコールお遊びしていたと責められはしない。山籠もりでもしていない限りちょっと運が悪ければ感染する状況で、私だって「明日は我が身」。丸山元気江田照男のときは公表していたのに。隠す必要はないのでは?

JRAが定期的に実施している所属騎手の性病検査の結果、

梅毒の陽性者が出たことが20日、分かった。

というなら別だけど。

ちなみに梅毒に罹患した経験がある人曰く、小便するときは、詳細は省きますが、一言でたとえれば、

チ〇コの先から

カッターの刃が出てくる感じ

だったらしい。

 

ゾッとするような話はここまでにして、東海ステークスの予想を。

フェブラリーSのトライアルで、1着馬に優先出走権が与えられます。12月にチャンピオンズカップや「東京大賞典」もあることから、有力馬がここを踏み台に…ということはあまりないのでは?と思ったりするのですが、意外とチャンピオンズカップからここを経由してフェブラリーSへ…というのがある。2019年は1600万条件(現3勝クラス)を勝ったばかりのインティがここを勝ち、そのままフェブラリーSを勝利。チャンピオンズカップ3着を経て翌2020年再度このレースに挑み、1番人気3着に敗れ、挙句フェブラリーSでは14着大敗。このインティという馬、なかなかしぶといところがあり、昨年は1番人気12着と大コケしたのですが、暮れのチャンピオンズカップは4着。ただ今年は出走しないようで。

傾向としては3着までのうち最低1頭は先行馬が絡む。前々で勝負が決することも度々。極端な後方一気は2015年3着のインカンテーションくらい。ただ同馬は次のフェブラリーSは一転して好位追走で2着。基本的に先行力のある馬中心に組み立てるのがセオリーかと。三連単の配当は1,610円から465,540円まで様々。あまり堅い荒れるに囚われない方がいいかもしれません。枠も1枠は苦戦傾向にありますが、後はあまり偏りはありません。

 

◎7枠13番 ブルベアイリーデ(M・デムーロ/3番人気 5.9倍)

〇8枠15番 サンライズホープ(幸/2番人気 5.1倍)

▲6枠11番 オーヴェルニュ(団野/1番人気 3.9倍)

△2枠3番 アイオライト(菱田/4番人気 6.4倍)

△8枠16番 プリティーチャンス(柴山/13番人気 47.2倍)

×5枠10番 ゲンパチルシファー(川島/14番人気 52.3倍)

(単勝人気とオッズは前日のもの)

 

2走前の同コース・シリウスS3着だったブルベアイリーデを本命に。だったら勝ったサンライズホープの方が本命では?と突っ込まれそうですが、同馬はチャンピオンズカップの大敗が気になります。勝ち馬から2.9秒差のブービー負け。太目残りだったとか挟まれて急失速したとか原因不明というわけでもないのですが、走る気の問題。精神的に立ち直っているかどうか。

オーヴェルニュは昨年覇者。前走チャンピオンズカップは勝負どころで進路がなかったという、福永らしくないというか福永らしいというか……な敗因。ただ、それ以前の「帝王賞」やみやこSもあまり冴えない。リピーターが結果を出す傾向にあるとはいえど、ダート重賞はだいたい毎年似たような面子が集まるし、ここ10年連覇もない。

アイオライトは逃げ馬。同型にイッツクールがいますがおそらく厳しいので、ハナを取れれば越したことないけれど、2番手でもOK、といった感じで無理に争うことはないと思います。むしろイッツクールは逃げないと活路がないので、鞍上酒井ということもあり遮二無二先行するはず。菱田が利口なら付き合わないし、それで逃げ切られたら事故と思うしかない。

プリティーチャンスは前走の船橋クイーン賞」を見ると?ですが、2走前の昇級初戦のみやこSで4着。あまり後方に置いていかれず道中8、9番手辺りをキープできれば。

ゲンパチルシファーは2走前、昇級初戦のリステッドで昨年5着のグレートタイムに0.2秒差2着。グレートタイムが中京(0.0.1.3)なのに対し、ゲンパチは(2.0.1.2)。何より較べて全然人気がないので助平心でこちらを。前走は明らかに太目残りで、今回中間は結構ビシバシやっている。馬体が絞れて先行できれば。

 

買い目は13を軸に三連複3、10、11、15、16に流して10点。