粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜阪神メイン「大阪杯」(GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20220403022337p:plain

カス:何故俺たちはタイガースの

ユニフォームを着ているのだろうか?

 

権兵衛:大阪杯だからだろ?

…………多分。

 

というわけで大阪杯の予想を。

目玉はエフフォーリアですが、懸念がふたつ。ひとつは同馬はデビュー戦の札幌以外はすべて中山か東京のレース。関西への遠征は一度もない。もうひとつはこのレース、関東馬が不振を極めている。GⅡだった頃を含めた過去20年以上、関東馬の勝ちはなく(最後に勝ったのは1999年サイレントハンター)、過去10年の連対率3.3%、複勝圏内も6.7%。それでも今回16頭のうち、未知数のジャックドールを除けば現時点で混合のGⅠを勝ち負けできるのはエフフォーリアと昨年覇者のレイパパレぐらいしかいない。天皇賞秋であのコントレイルを撃破したからには、相手関係からすれば負けることは許されないレースですが……。

 

<カスPの予想。単勝人気とオッズは前日のもの>

◎7枠14番 レイパパレ(川田/3番人気 9.7倍)

〇3枠6番 エフフォーリア(横山武/1番人気 1.6倍)

▲2枠4番 ジャックドール(藤岡佑/2番人気 3.4倍)

△4枠8番 ポタジェ(吉田隼/9番人気 63.3倍)

△3枠5番 アカイイト(幸/4番人気 18.3倍)

×8枠15番 アフリカンゴールド(国分恭/10番人気 67.9倍)

 

昨年覇者のレイパパレを本命に。前走金鯱賞はジャックドールに完敗したものの、昨年秋以降不振が続いただけに、2着と連を確保したことを評価したい。

ジャックドールは昇り馬だけに未知数な面もありますが、レイパパレも同じような昇り馬だったし、金鯱賞をレコード勝ち。勢いは侮れない。前走京都記念を逃げ切り勝ちした外枠のアフリカンゴールドが競りかけてくるかがポイント。

そのアフリカンゴールドは昨年暮れの中日新聞杯17番人気2着以降、12番人気の日経新春杯を5着、京都記念を12番人気で制した。今回も10番人気と二桁人気。相手が相手なのでこれまでのように行くとは思いませんが、流れに乗れれば3着はある。

ポタジェは前走の金鯱賞は出脚で躓きながらも4着は確保。善戦マンっぽいところはありますが大きく崩れない。そもそも昨年の天皇賞秋までは馬券圏内から外れたこともなかったし、その天皇賞秋もあの相手で6着は肯定的に捉えていい。

買い目は14を軸に三連複4、5、6、8、15に流して10点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

前日オッズでは金鯱賞レコード勝ちのジャックドールと実績馬エフフォーリアの一騎打ちモード。ただその他大勢扱いの他馬も多士済々でそう簡単には決まるまい。2週続けて人気馬総崩れはないとしても、買い目は一捻り加えてまいります。

 

◎3枠6番 エフフォーリア

皐月賞有馬記念完勝から坂のある阪神コースは向く。自在性あり安定感から軸に最適。

◎を完全に信頼して1頭軸に据え、以下は

金鯱賞の時ほどの楽逃げは見込めないが、それでもアッサリ楽勝もありうる

〇2枠4番 ジャックドール

金鯱賞から斤量的に有利になり、逆転ありうる

▲7枠14番 レイパパレ

△3枠5番 アカイイト

前走の香港カップの好走を信頼して

×5枠10番 ヒシイグアス(池添/5番人気 28.7倍)

5走前同じコースの忘れな草賞の好時計勝ちを蒸し返して

×6枠11番ステラリア(福永/11番人気 68.9倍)

を相手に、馬券は

軸6

相手4、5、10、11、14

3連複1頭軸流し計10点で参ります。トリガミは覚悟の上で行きます。

 

f:id:KAS_P:20220403033307p:plain

<現在3勝5敗とどこかの球団と同じオリックスファンのモリアテ教授の予想>

調教絶好 4
◎3枠6番 エフフォーリア

勝負馬券は【4・6・10】馬連BOX。