粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

園田競馬「兵庫チャンピオンシップ」(3歳交流GⅡ)予想

5月3日の競馬の結果

名古屋競馬かきつばた記念」…三連複1,030円的中(10点)

1着 1番イグナイター(2番人気)〇

2着 12番ヘリオス(1番人気)◎

3着 3番ラプタス(4番人気)△

 

中央勢より1~3キロ軽かったとはいえ、イグナイターには恐れ入りました。連勝できるほど交流重賞は甘くないと思っていたのですが。先行馬が多い中でもラプタスは序盤から強気な競馬。三連覇はならなかったものの、鞍上にしては積極的だったと思います。カツゲキキトキト交流重賞制覇を期待され上位人気に押し上げられたかつての面影は微塵も感じさせない。そもそもオープン戦惨敗からの連闘で勝率2.6%、連対率6.5%の加藤利を乗せ、ここに送り出した理由がわからない。

 

園田競馬兵庫チャンピオンシップ」の予想を。1870メートル。第8R。16:20発走。イグナイターに続けとばかりに地元勢も駒が揃えたものの、さすがに今回は中央勢が強力。ベラジオボッキーニなんて、名前に惹かれるのですが。笠松からクレールアドレが参戦。松本が古巣に帰ってきた形ですが、やはり厳しい。

 

◎3枠3番 ノットゥルノ(JRA・武)

〇8枠12番 ドライスタウト(JRA・戸崎)

▲6枠7番 ブリッツファング(JRA・池添)

△7枠9番 コンシリエーレ(JRA・レーン)

×6枠8番 バウチェイサー(笹田)

 

本命は右回りコースに経験あるノットゥルノ。前走伏竜Sは、スタート直後に落鉄がありながらも勝ち馬から0.1秒差2着。2走前の1勝クラスは勝ってはいるものの出脚が悪く、今回小回りの園田だけにスタートは無難に決めて欲しい。

対抗ドライスタウト。昨年暮れの「全日本2歳優駿」レコード勝ち以来ですが、しっかり乗り込まれているのでその点はあまり心配しなくていいか。課題は大外枠で初の右回りという点。右回りを経験しているなら大外枠でも問題ないのですが、最初のスパイラルカーブを無難に回ってくれるかどうか。1800メートルは今回初めてですが、「全日本2歳優駿」の勝ちっぷりから、1ハロンちょっとくらいならこなせるはず。

ブリッツファングは2走前のヒヤシンス賞で謎の大敗。その次の勝ちっぷりからここでも勝ち負けを演じていい器だと思いますが、気ムラなところがある馬なのかも。

コンシリエーレは海外遠征帰り。ここに向けての調整過程自体は順調だと思いますが、問題は鞍上。レーンという騎手、園田の経験があるのか?この馬も右回りは初めてですが、馬よりも騎手が1周1051メートル、直線213メートルのコースにどれだけ適応してくれるか。

穴馬にバウチェイサー。「菊水賞」は3着に敗れましたが、園田の大将格。笠松とはいえ「ゴールドウイング」で2着に2.6秒差つける圧勝劇は記憶に新しい。「菊水賞」を勝っているベルレフォーンは名古屋の1800メートル「スプリングS」で、アウェーとはいえアップテンペストに叩きのめされている。アップテンペストが好調なままここに来て、中央勢と互角にやり合えるかといえば……やはりここは、距離適性に一抹の不安あれどバウチェイサーを取りたい。それでも中央勢が強力なだけに、敵失待ちな面は否めません。

 

買い目は3を軸に三連複7、8、9、12に流して6点。「全日本2歳優駿」以来はドライスタウトと同じでも、骨折休養明けのアイスジャイアントは今回は見送り。ただ、「全日本2歳優駿」の大敗は出遅れ(プラス三浦の駄騎乗)と原因ははっきりしていて、調整自体は緩くなく、しっかりやっているのでオッズに妙味あれば狙ってもいいかも。